【大学ノート時間の無駄】統計家計簿ストレスフリー

手書き家計簿っていいですよね。

私もかれこれ手書き家計簿を4年以上つけています。

ノートを開くだけで記帳できるし、自由度も高くて大好きです。



たった1つの作業を除いては……。

それは、線引き!

無茶苦茶めんどくさいッ!!

締めると同時に翌月分の線引き。

ひと月分の線引きだけでも20分かかってましたね。



いよいよ苦痛になったのは子供が産まれから。

育児による寝不足で、線引きしてる余裕なんて無い。



そこで色々試して行き着いたのが『統計ノート』です。

今日は『統計ノートを使った家計簿の魅力』をご紹介します。



・線引き面倒

・筆圧でノートに穴があいてしまう

・列や行が変に空く

・ノート家計簿が見にくい


これらすべて統計ノートで改善できます。

嫌な気持ちの原因を失くせば、ハッピーライフに一歩前進!



≪聴くブログ 主婦チャンラジオ≫

月1~2回の記入だけ。統計ノートで1日1行家計簿の書き方は、こちらの記事をご覧ください。

紙のエクセルのような統計ノート家計簿

統計ノートを使うメリット

・線引きをしなくていい

・シンプル

・手書きノートの自由度はそのまま

・手間がかからない分、手書き家計簿がより楽しくなる

統計ノートは既に線引きがされています。

コクヨA4横統計ノート ハイグレード

線引きがめんどくさいから線引きしてある統計ノートが最高

何と言っても「線引きしなくていい」。

これだけで手書き家計簿愛用者は救われます。

「今までの線引き作業の苦労は何だったのか」と痛感させられます。



統計ノートを購入する。

それはつまり、紙のエクセルを買うのと同じこと。

統計ノートはシンプルだから自由度もそのまま

一定で線引きされているシンプルさなので、機能性も抜群に良いです。



例えば、後から費目を増やしたいとか、合計額を一費目ごとに加えて大まかな費目でも出したいとか。

ノートだと線引きからだから難しいですが、統計ノートは既に線引き済みなので項目を増やすだけで済みます。

統計ノートは『臨機応変な紙版Excel家計簿』と言えます。


手間がかからないから家計簿が楽しくなる

使いやすいから手書き家計簿が楽しくなる、という好循環すら統計ノートは生み出してくれます。



単純に『効率を考える』なら、使わない理由が見当たらないんですよね。

線引き不要 = 時間も労力も不要

手書きノートの自由度はそのまま = 使い勝手が何も変わらない



ネットで統計ノートを見たときは「これだぁぁぁ!!」って運命すら感じました。

案の定、手間が省けて買ってよかったです。

統計ノートサイズはA4とB5が主流

私のおすすめ統計ノートサイズ
  • A4の横サイズ

    記帳タイミングの縛りが無く、見やすい

私が使っているのは『A4サイズ横』です。



実際の記入方法を画像付きでご紹介します。

1日1行、見開きページでひと月分です。

ぎっしり詰めて書くと、後から見返すのが苦痛になったりしませんか?

1日1行にすることで、日付や項目から「いつ、何に、いくら使ったか」が見やすくなります。

店頭で売ってないため入手困難

統計ノートのおすすめ購入先
  • インターネット通販

    店舗を探し回る時間もお金も節約できる

統計ノートを探し求め、大型ホームセンターや複合ショッピングセンターの文具・事務用品コーナーを見て回りましたが、どこにも置いてませんでした。



結局、インターネットで購入しました。

ネットは探し回る手間も省け、定価より安く買えます。

Amazon、楽天、Yahoo!!ショッピング、モノタロウなどで販売されていますよ。

統計ノートは高い

統計ノートの価格帯

統計ノートはA4ノートの「約3倍」の価格

あくまで『統計ノートは事務用品』なので、目を引くデザインというわけではありません。

「この見た目でこの価格!?」って思うかもしれませんが、どこのメーカでも、統計ノートの表紙はシンプルです。



A4ノートが「140円」程度で買えるのに対して、統計ノートは安くても「480円」します。
(2020年8月時点 Amazon調べ)

ルーズリーフだとしても、B5・50枚入り460円。



やはり高価。

でも「それ以上の価値がある」と私は思います。

高くても一度使えば2度と手放せない
「お金で時間を買う」

統計ノートは価格以上の価値がある理由

「お金で時間を買う」という考え方

ノートとしては高価ですが、お金以上の価値があるのは間違いない。

これだけは断言できます。




家計簿にかける時間を、時給換算してみましょう。

1年で1冊使うとして、ひと月分の線引きと色付けで20分かかるとすると、

12カ月分線引きやらの『下準備に4時間かかっている』計算です。

統計ノートに買えるだけで、『4時間が自由時間』へと変貌します。

時給1,000円なら4,000円稼げます。

4時間もあれば、家事も済ませ休憩できますね。



1,000円以下で自由時間が月4時間も増えるなら、決して高い買い物ではないと思いませんか?

インターネットで買える 統計ノートメーカ5選

家計簿で使えそうな統計ノートをザっとご紹介します。

キョウトク:ヨコ線に加え赤の縦線が入っている特殊罫




ツバメ:昭和22年の発売以来変わらず愛されている日本が誇る高級クラシックノートメーカ



ライフ:書いた文字がくっきり出る特別色で印刷されている


エコール:レトロシックな表紙が可愛らしい




コクヨ:厚口で筆滑りが良い




A4、B5、縦か横のどれが使いやすいかは、あなた次第です。

耐久性・使いやすさが抜群!
コクヨ・ハイグレード統計ノート

ハイグレードを愛用する理由

上等な紙質

・高い耐久性

・開きやすい

・32行の使いやすさ

ハイグレードは縦A4と横A4サイズの2種類のみになります。

より強くお勧めしたいのは統計ノートA4横

※スマホの方は横画面にすると見やすくなります↓

商品名型番

寸法

行数縦罫頁数

コクヨ ノート 統計ノート A4 

ノ-270V

210×297×5mm37行7本40枚

コクヨ ノート 統計ノート A4 横

ノ-271V

32行13本40枚

長期保管ができる上質な紙と耐久性

書いていて楽しくなるほどペン走りがいい紙質です。



裏移りはボールペンなら全く気にならないし、カラーマジックはうっすら透けて見える程度です。

それだけ紙が分厚いという証拠です。

長持ちしやすい理由は「製本方法」

安価なノートはミシン綴じという製本で綴じられているため、糸がほつれると全てのページがバラバラになります。

一方、ハイグレード統計ノートはかがり綴じ

分厚い百科事典にも使われる方法で、耐久性は抜群。

背を丁寧に糸で綴じ合わせた上、接着剤で接合させてあります。

さらに接着剤の面積が小さく開きやすいので見開きが見やすいというメリットも。



一般ノートを使っていると「中央付近が書きにくい」とか「ペンで穴開いちゃった」ってことがありませんか?

かがり綴じはどのページでも気持ちよく開ける、心新たに家計簿初日を迎えられます。

出典元:渡邉製本株式会社

【耐久比較】
大学ノートvsハイグレード統計ノート

下の写真は、どちらも家計簿として利用したノートです。

左がコクヨの大学ノート、1年間家計簿として利用しました。

右がコクヨハイグレード統計ノート、現在も現役で2年弱使っています。



ハイグレード統計ノートは間違いなく、長期保存向きの耐久を持っています。

左:コクヨの大学ノート 右:コクヨハイグレード統計ノート

大学ノートが糸が1か所ほつれるとごっそりページが持っていかれるのに対し、

ハイグレード統計ノートは、1頁ずつ製本してあるのでバラバラになることはありません

圧倒的ハイグレード統計ノートの勝利!!



事務で働いた経験からして、会社の記録は最低でも5年や10年保管はザラです。

事務用ノートだからこそ、耐久性の高い製本を用いているのでしょうね。

家計簿をつけるのに32行がおさまりが良い

1日1行で使うと、気持ちいいくらいピッタリ納まります。

日付で31行を消費して、残り2行。

この2行で「項目別合計金額」「予算額」などを書き込めて、非常に使いやすいです。

そこまで考えて買ったわけではなかったので、日付と行数がピッタリ合ったときは感動しました(笑)



ちなみに大学ノートや普通のA4ノートは35行。

使用中、中途半端に余るのが個人的に気になりました。

ハイグレード統計ノートは900円でも
『年間コストは300円』

900円でも安いと感じる理由

ストレスフリーで3年以上利用できる家計簿ノートだから

統計ノートハイグレードは、インターネットで1冊700円~900円の価格で販売されています。

たかがノートに900円はさすがに高く感じます。



でも、家計簿として使うと年間300円のコストで手間も省ける、何ともありがたいノートなんです。

なぜなら『3年もストレスフリー』で使えるからです。

さらに「線引き不要」「高い耐久性」「書きやすい」などのメリットも付いてきます。



Amazonのレビューは、★4以上。

多くの人が使いやすい統計ノートとして評価しています。

レビューの中には同じように家計簿として利用してい方もいました。



「時間短・労力の節約」を叶えてくれるからこそ、おすすめしたいノート

統計ノート家計簿でストレスフリー まとめ

まとめ
  • 手書きノート家計簿は、線引きなどで時間も労力もかかる

  • 労力&時間を節約してくれるのが「統計ノート」

  • 統計ノートは「Excel」のノート版で自由度も高い

  • 手間も時間もかからないと家計簿をつけるのが楽しくなる

  • 統計ノート単価は高いが「お金で時間を買う」ことで自由時間は増える

  • 個人的におすすめなのは『コクヨ統計ノート ハイグレードA4』

  • 見開きひと月として利用し、3年以上使える

  • 「高品質」「高い耐久性」「書きやすい」で年間コスト300円
ウシ
いかがでしたでしょうか。

線引きから解放されて、清々しい家計簿ライフを満喫しています。


機能重視の家計簿も悪くないですよ。

Twitterでも情報配信中

あなたにおすすめ記事