【初心者・続かない人向け】使いやすい家計簿の作り方まとめ

家計簿歴7年目のウシ(@usiwaka125)です。

この記事では

「使いやすい家計簿になる初期設定の決め方」

を紹介します。

私自身、子供が産まれてから家計簿をつけ始めました。

家計簿をつけるとどこにいくらお金を使ったかわかるので、

ムダ使いをなくす節約ができます。

今回は私の失敗経験をもとに使いやすい家計簿の作り方を紹介しています。

"家計簿が続かない人"、"これから始めようとしている人"向けの内容です。

ノープランで始めるより確実に継続率が上がります。

参考にしてみてください。

わかるリスト

使いやすい家計簿に必要な初期設定について

1クリックでブログの応援できます!

当ブログは多くの人に読んでもらえるよう

にほんブログ村』ランキングに参加しています。

 

このバナーを押すことで当ブログを応援することができます。

にほんブログ村 にほんブログ村へ

1クリック応援をよろしくお願いします。

スポンサーリンク

家計簿をつける目的を考えよう

使いやすい家計簿は目的がハッキリしています。

目的なく走り続けることが無理なように、

家計簿に目的が無ければ存在する理由がありません。

だから最初にやるのは"目的を明確にする"ことです。

例えばこんな感じ

・家計収支を把握したい

なぜ?(掘り下げる)

①赤字か黒字かを知りたいから

②固定費、必要経費、浪費のどこにお金を使っているかしりたいから

①なら支出項目は少なくてよさそう

②もざっくり管理で良さそうですが、どの項目にいくら使ったかは把握できるやり方がよさそう

このように目的を少し深く考えるだけで家計簿の方向性が決まります。

最初に家計簿をつける"目的"を明確にする

これで家計簿の方向性が決まる
スポンサーリンク

家計簿の作り方

家計簿をつくるには最初にいくつか決めることがあります。

ひとつずつ紹介していきますね。

ツールを決める

ツールは大きく分けて3種類あります。

・紙 (ノート・手帳・ルーズリーフ・カレンダーなど)

・PC (家計簿ソフト・エクセルなど)

・アプリ

それぞれに長所短所があります。

選ぶポイントは2つ。

目的とツールがかみ合っているか

自分自身が使いやすいか

私はずっと紙を使っていましたが、4年目にはPCも併用して使うようになりました。

紙だけではグラフ化ができないからです。

今では"月間管理は紙"、"年間管理はExcel"を使っています。

臨機応変に使い分けましょう。

関連記事:3つのツールそれぞれの長所と短所

すべてを使ってみた感想をこちらの記事でまとめています。

関連記事:紙派の私がたどり着いた「究極の家計簿ノート」

線引きしなくていい「統計ノート」が手書き家計簿にピッタリでした。

支出項目を決める

使いやすい家計簿にするためには"管理できる項目数"におさめること。

項目が多ければ支出内容は細かくわかりますが、

管理に時間がかかります。

共働き世帯が増えたこのご時世。

仕事、家事、育児と時間がいくらあっても足りません。

家計簿は無理して続けるものじゃないと思います。

あなたが管理しやすい種類と数の項目を使いましょう

関連記事:あなたに合った支出項目の選び方が丸わかり

2、5、23種類の項目一覧を紹介しているので参考にしてください。

締め日を決める

締め日は家計簿のゴールです。

でも人によってゴールラインが違うのもまた事実。

締め日を変更するのは想像以上に労力が必要になります。

だから"いかに使いやすい締め日を最初に選べるか"がポイントと言えます。

「家計簿をつける目的」と「締め日」がマッチングしてれば正直何日でも構いません。

王道は次の2種類でしょう。

・月末締め

・給料日締め

うちは24日締め。

中途半端な日付に感じるかもしれませんが、

私にとって非常に使い勝手がいいです。

ここで伝えたいのは"どんなデータが欲しいかを考えよう"ってことです。

収入からやりくりするのか

支出があって収入で補填するのか

どっちも数字は同じです。

違うのは考え方、やり方です。

あなたが完走しやすいゴール設定を心がけましょう。

関連記事:使いやすい締め日の見つけ方

主要締め日3選と家計簿歴7年の私がおすすめする締め日についてまとめてます。

目的に合うツールで且つ使いやすいものを選ぶ

管理できる項目数にする

使いやすい締め日を選ぼう

続けるために必要なこと

とにかくやりたくないことを減らすことです。

極端に言えば、使いやすい家計簿を作りさえすれば誰だって継続できます。

だってストレスに感じないんですから。

お皿を手洗いするのはストレスでも、食洗機に入れるだけならできる。

そんな感覚に近いかもしれません。

私は家計簿に使う時間と労力には許容範囲があります。

それをオーバーすると放置しちゃいます。

放置しっぱなしはアカンということで最初の3年くらいは試行錯誤しました。

結果、7年続いてるってだけ。

何度か家計簿を放り投げた経験からすると、

最初の設定がとにかく大事です。

設定が悪ければあとから変更もあり得ますし、

上手くいけばストレスなく続けれると思います。

家計簿を続けれないのはきっと、あなたが求めるものと方法がかみ合ってないだけ

今日紹介した初期設定を見直すとヒントになると思います。

そしてもし、続けれない原因が見つかったら全力で消してください。

この繰り返しであなただけのオリジナル家計簿が完成します。

家計簿にルールはありません。

独自性があるくらいが自分にとって使いやすいですよ。

関連記事:書き始めるまでがイヤで放置した話

意外と見落としがちなのが"収納場所"です。

家計簿すら広げないときに読んでください。

やりたくないことを極力なくす

管理の手間やデータは初期設定でほぼ決まるため重要

家計簿を続けれない人は「求めるものと方法がかみ合ってない可能性」がある

家計簿の作り方 準備編まとめ

まとめ
  • どんなデータが欲しいのか「目的」を決めよう

  • 目的に沿った「ツール」「項目」「締め日」を決める

  • やりたくないことを極端に減らせば使いやすい家計簿ができる

  • 使いやすい家計簿を作れば継続できる
ウシ
使いやすい家計簿は少しずつ進化していった結果です。
面倒に感じることもあるでしょうが、原因を解消していけば継続できるようになります。

3日坊主の私ですら続けているのですから。
家計簿作りを楽しんでください♪

では、また。
当ブログを1クリックで応援しませんか?

最後まで読んでいただき大変うれしいです。

参考になった、良かったよって少しでも感じてもらえたのなら、

応援してもらえると励みになります。

 

当ブログは多くの人に読んでもらえるよう

にほんブログ村』ランキングに参加しています。

 

上位にランクインすると閲覧者が増えます。

このブログを応援しませんか?

ウシのバナーを1クリックするだけで応援できます。

にほんブログ村 にほんブログ村へ

 

 

 

 

 

にほんブログ村サイトに飛ばされますがすぐ閉じてもらって構いません。

1クリック応援よろしくお願いします。

スポンサーリンク

ブログ更新通知とたまに主婦ツイしてます

おすすめ記事