【家計簿は宝】エクセルの年間収支表の作り方

毎日、毎月コツコツ集計する『家計データは、資産形成にとても重要』だと思います。

あなたの家計データを使って「年間収支表」を作成しませんか?



毎月家計簿を締めるように、年単位で家計簿を締めるのが年間収支家計簿です。

うちでは年間家計簿と呼んでます。



年間家計簿をつけるメリットは3つ

お金の不安を解消、意識を変えてくれるものばかり。

月間家計簿をつけているのに、年間家計簿をつけていないなんて勿体ないですよ。



毎月の生活費や老後資金、教育資金などに不安がある方、節約したい方向けに『年間収支表の作成方法』をご紹介します。

年間収支を作る3つのメリット
お金の「流れ」「予測」「節約」ができる

年間収支をつける意味
  1. 大まかなお金の流れが把握できる

  2. お金の流れが把握できると、予測がつく

  3. 無駄遣いが見つけやすく、節約につながる

まず、年間収支を把握するメリットを3つご紹介します。

全てが連鎖しているのが特徴です。

大まかなお金の流れを「把握」

あなたは「ひと月いくらあれば生活できるか」を把握していますか?



こんな方は要注意です。

キャッシュレス決済で、何にいくら支払ったか覚えていない。

給料は毎月必ず貰えるものとどこか安心している。

口座の残金をしらない。

お金に無頓着では、貯まるものも貯まりません。



要するにゴール地点を決めて、交通手段やルートを知らないまま出発するようなクレイジーな人こそ、家計のお金の流れを把握できていない人です。

年間収支をつければ、必然的に現在地や次の目的地を知ることができます。



つまり、年間家計簿は客観的に家計を把握できるツールになります。

家計全体の把握ができると「予測」がつく

つまり、年間家計簿が「お金の人生設計」そのものになります。

お金の不安は数字(家計収支)で把握するのが最も現実的です。



毎月の食費や日用品などの「生活費の予測がつきやすくなる」。

さらに金銭的に子どもは何人産み育ることが可能か、目標金額は何年後に達成できるのかまで予測がつきます。

それらは過去の家計データが元なので信憑性がとても高いんですよね。

必要経費、ゆとり費、資産総額を把握するだけでお金の不安は無くなります。

詳しい解説はこちらの記事でしていますので、金銭的不安がある方ははご覧ください。

年間収支で無駄遣いを見つけて「節約」

年間家計簿で過去全ての項目を横並びにしたとき、大きな金額に目がいくでしょう。

これが節約チャンス!



要するに、小さなお金より大きなお金を節約したほうが、節約効果は高いというわけです。

当たり前の事なんですが、多くの家庭では「節約=食費や浪費」という認識が強く、小さなお金の節約に我慢やストレスを感じながらも家計を切りつめています。



だったら一体どこが節約効果が高いんだ?、というと「固定費」です。

割合で見ると一目瞭然。

ウシ家の家計支出割合を例に挙げてみましょう。

家計支出の50%を占める 「固定費」

我が家の「必要経費」に含まれているのは以下の項目です。

食費・日用品・医療費・交通費・ペット費。

必要経費の支出割合は全体のおよそ10%。

その約5倍の支出こそ「固定費」なのですッ!!

「木を見て森を見ず」とはこのこと。

「月間家計簿を見て年間家計簿を見ず」が勿体ないのは、効果的な節約に目がいかないからです。

年間収支や年間家計簿は必ず付けたほうが、家計に良い影響がでます。

年間100万円の節約は全て固定費からでした。

その内訳はこちらでご紹介しています。

年間家計収支帳簿を作成 
おすすめは「エクセル」

エクセルを使うメリット
  • 初期設定だけで全自動管理

  • 見やすいレイアウトやフォント

  • グラフ化やデータ連動も簡単にできる

エクセルを使うメリット
参考過去記事➡【パソコンがあれば簡単 エクセル家計簿



私が使っているのはこちらの買い切りエクセル


さらに、エクセル種類の解説や、買い切りにした理由、購入・セットアップについて

参考過去記事➡【【買い切り】パソコンにエクセルない!?家計簿のためにエクセル2019を購入



今回は、私が使っているエクセルの年間家計簿の作り方をご紹介します。

エクセルを使ったことがある方は、20分程度で作成できます。

エクセル初心者でも、パソコンを普段から触ったことがあるなら1時間以内で作れます。

最初の下準備がめんどくさいかもしれませんが、一度設定しておけばあとはコピー&ペーストの簡単作業のみですから、最初だけ頑張ってください。

エクセル 基本的な月間家計簿シートの作り方

まず基本的なシートである「月間家計簿」を作りましょう。

締め月はいつでも構いません。

大体の人は12月か3月締めが多いと思います。(うちは7月……)



本来は横にひと繋がりですが、2つに分けて画像にアップしています。

(↓クリックすると拡大します)





費目は自分が必要だと思うものを厳選して使います。

参考過去記事➡【一覧】あなたにピッタリな費目3パターン 項目の基本 固定費と変動費とは?



なお私は月間家計簿は手書き、年間家計簿にエクセルを使用しています。

手書き月間家計簿を締めると同時に、年間家計簿に数字を打ち込む作業をしているわけですね。

参考過去記事➡【【めんどくさい人向け】月2回だけ!?1日1行の手書き家計簿のつけ方




さて、本題。

年間収支作り方は簡単な4ステップ。

見栄えを気にしないなら3ステップでOK。

年間収支(年間家計簿)の作り方
  1. 縦軸に時間、横軸に支出項目を入力

  2. 罫線を入力

  3. 計算式の設定

  4. お好みでカラーやフォントをいじる

縦軸に「〇〇年〇月」、横軸に使う支出項目は「固定費」「必要経費」「浪費」「投資」などにまとめて入力しましょう。



罫線の種類やカラーは、メニューバーから選ぶことができます。




計算式は「オートSUM」を使うと簡単にできます。

「オートSUM」とは、自動で計算してくれる機能のこと。

足し算「+」引き算「-」掛け算「*」割り算「/」を使用します。



やり方は以下の通り。

合計表記したいセルにカーソルを合わせ、「オートSUM」をクリック。

あとは計算する範囲を選択したら「Enter」でフィニッシュです。



エクセル初心者向けに解説すると、上記の写真は「セルB4からB15までを足す」という計算式です。

合算範囲はドラッグして決定しましょう。



セルとは、アルファベットと数字が交差した場所のことで、とどのつまり1マスの呼び名です。

Bと4が交差したマスからBと15が交差したマスまでの縦を全部足すというのを「=SUM(B4:B15)」と表記しているだけです。

当然のことながら、あなたが使っているセルによって数値は変わります。

なおオートSUMが使いにくいという方は、手間はかかりますが計算式を手入力しても構いません。



月平均支出割合の計算式は「=支出合計のセル/12」(「/」=「÷」)となります。



1つの計算式ができれば、後はコピーするだけ。

下の赤丸部分にカーソルを合わせると「+」に形が変わります。

『+カーソルのままドラッグ』して「支出合計」や「月平均支出額」の全てのセルにコピーしましょう。

画像にカーソルは乗っていないですが、赤丸の「・」にカーソルを合わせてみてください。





エクセル完全初心者さんにおススメサイトをご紹介しておきます。
➡【エクセルのある生活】(外部サイト)


お好みでカラーやフォントなど細かい部分を修正して、月間家計簿の作成が終了です。

小数点以下など数字の表記がおかしい場合は、「セルを指定」して「メニューバー」にある「数値」から「通貨表示」を選択してください。

「10,000」のように、「,」を付けたい時も同様、「セルを指定」して「メニューバー」にある「数値」から「桁区切りスタイル」を選択しましょう。


お疲れ様です。

これで月間家計簿が作成完了しました、というわけで一服。

シートをコピーするだけ超簡単
年間収支家計簿の作り方

先ほどの「月間家計簿シート」が完成したらコピーしましょう。

シートとは「ワークシート」の略であり、エクセル画面の下にタブが出ているのがソレです。

コピーも超簡単。



コピーするシートで「右クリック」、「移動またはコピー」を選択。





コピーを作成するに「✔」を入れ、「コピーシートの配置先を指定」した後「OK」。





配置指定箇所にコピーシートが出来上がるので、名前を変更などする。



あとは「月間」部分を「年間」に書き換えるなどして『年間家計簿』の枠作り完了です。

次は、シートからシートへ数字を反映する設定を行います。

エクセルシートとシートで反映させる方法

月間家計簿から年間収支家計簿へ数値を反映させるには、「=反映させたいシートのセルをクリック」するだけです。

先ほどやったコピードラッグしましょう。

あっという間に月間家計簿の支出合計や収入合計から、年間収支家計簿のシートへと反映できます。



この初期設定をしておくだけで、月間家計簿入力すると年間家計簿が全自動で作成されていきます。



お疲れさまでした。

1年間の「収入ー支出=いくら赤字?黒字?」の一覧表の完成しましたね。



私は4年以上年間家計簿を自動作成していますが、おおよその生活費を簡単に知ることができ、こんな時に役立ちます。

夫婦でお金の話になったとき。

将来に不安を感じたとき。

人生設計を見直すとき。

上記に当てはまる方は、あなただけの家計データを有効活用し、人生設計を立ててみましょう。
参考過去記事➡【お金不安の解消に必要な把握すべき3つの項目

エクセル家計簿を「見える化」するとさらに節約意識改革!?

さらに分析力を上げたいという方は「家計簿のグラフ化」がおすすめ

収支を割合とグラフで確認することで、「消費の抑制」と「合理的な節約」の意識が強まります。

なぜなら、数字を見るよりグラフにしたほうが超わかりやすいから。


家計簿見る化のメリットや、おすすめのグラフ、グラフの作成方法をこちらで解説しています。

年間家計収支のすすめ まとめ

まとめ
  • 年間収支家計簿を作ると家計収支の「把握」「予測」「節約」ができる

  • エクセルは初期設定を1度するだけで全自動管理「超簡単」

  • さらにお金の使い方の意識改革をしたければ「家計のグラフ化」がおすすめ
  • 月間家計簿だけでは「木を見て森を見ず」

    もっと長期的な目線で家計を把握してみましょう
ウシ
いかがでしたでしょうか。

月間家計簿はつけていても、年間家計簿をつけていないって方は意外と多いと思います。

家計簿はつけるだけではお金は貯まりません。

有効活用してナンボ!

是非、チャレンジしてみてください。

わからなかった点があれば補足しますので、教えていただけるとありがたいです。

Twitterでも情報配信中

あなたにおすすめ記事