【家計簿は宝】エクセルの年間収支表の作り方

手書きも好きだけどデータ分析はもっと大事と思うウシ(@usiwaka125)です



ところで「年間収支表」って何に役立つと思いますか?

今日は「エクセルを使った年間収支表の作り方」の紹介です。



年間家計簿をつけるメリットは3つ。

・お金の流れの把握

・支出の予測

・節約できたかの確認


すべて家計改善に役立つ情報ばかりでしょう?

家計簿をつけているのに

年間家計簿をつけていないなんて勿体ないですよ。




家計改善したい人向けの記事です。

では本題に入りましょー!

年間収支を作る3つのメリット
お金の「流れ」「予測」「節約」ができる

年間収支をつける目的
  1. 大まかなお金の流れが把握できる

  2. お金の流れが把握できると、予測がつく

  3. 無駄遣いが見つけやすく、節約につながる

メリットが蓄財に連鎖しているのが特徴だと思います。

1つずつ簡単に内容確認。

年単位の大まかなお金の流れ
「把握」

今年1年を振り返って何に1番お金を使いましたか?

それは1回きりの支出ですか?

それとも生活する限り支払い続けるものですか?

今年はいくら貯蓄できましたか?



唐突な質問攻めごめんなさい。

何が言いたいかっていうと、

自分や家族が生きてくために「何に」「いくら使っているか」を知ることは大切だよってことです。



どんぶり勘定の家計管理でも貯蓄ができる人は支出の感覚をしっかり持っている人。

毎年衣食住だけでコレだけかかるよね。

贅沢したらさらにこれくらいかかるよね。

貯蓄は毎年いくらくらいできてるね。

生活費の感覚があるから堅実な生活ができます。



逆はどうでしょう?

支出の感覚もなく、蓄財ができてないのであればまず年間収支表で把握しましょう。

大まかなお金の流れを知ることは、

自分が生きていく費用を知ること同意義です。

支出の流れが分かれば翌年の支出が分かる
「予測」

お金の不安は数字で解決するのが手っ取り早い。

感情や根性論でお金の話し合いをしたり、節約してもその場しのぎ程度なもんです。



年間収支表がお金の人生設計そのものになります。

だから作成する意味がある。



1年間の支出の価値観がしっかり身に付けば、

・いくらの車なら無理なく買えるか

・大学まで教育費を出したら子供は何人まで育てれるのか

・老後資金はいくらあれば足りるのか

こういった将来の支出についても予測できるようになります。



さらに一般的とか平均データよりはるかにあなたにとって価値があると思います。

だってあなたの家計収支そのものなんだから。

  • 家計簿を元にした年間収支表はとても信憑性が高い

  • 年間収支表でお金の人生設計が描きやすくなる

お金の話で夫婦険悪から解決できた経験談はこちらをご覧ください。

無駄遣いはどこ?1年の効果は?
「節約の発見と振り返り」

個人的にはワクワクする瞬間です。



去年のデータと比べて節約できてたらヨッシャ!!ってなるし、

それがストレスなくできてたらさらにハッピーになれます。

去年より支出が多くなった項目は気を引き締めるし、

節約方法を考えたりもします。



「去年と比べて」

これがポイント。



同僚や同級生の貯金額と比較するとがっかりして凹むことないですか?

蓄財は他人と比較するもんじゃありません。

過去の自分と競うものです。

でないとやる気がなくなり、節約行動も3日坊主で結果的にお金も貯まりません。



去年より支出が減れば貯蓄が増える。

去年より節約できればモチベーションが上がる。

節約効果が少しでもあったら次の節約行動に結び付き、

家計改善の好循環が生まれる。



これは私の経験から思う事です。

シンプルな話。

  • 去年より支出が減れば貯蓄が増える

  • 去年より節約できればモチベーションが上がる

  • 年間収支表で結果が出れば家計改善がうまく回り出す

年間収支表で一目瞭然!
「合理的な節約項目の見つけ方」

年間収支表をグラフ化すると合理的な節約項目を見つけることができます。

うちの場合は固定費でした。



このグラフは我が家の年間収支を割合推移にしたものです。




10%程度の必要経費(食費や日用品代など)を節約するより、

50%近くを占めている固定費を節約したほうが効果がありそうです。



これは手書き家計簿では気づきにくい。

年間収支表をグラフ化、比較することで見えたデータです。



1日や月などの短期間の身近な「木」を眺めるのも良いですが、

たまには引いて「森」を観察するのもいいんじゃないでしょうか?

  • 効果の高い節約をするなら年間収支推移表も作成するのがおすすめ

固定費節約して年間100万円浮いた経験談はこちらをご覧ください。

エクセルで年間収支表
「作り方」

エクセルを使った年間収支表の作り方
  1. 年月、項目、罫線を入力

  2. 計算式の設定

  3. お好みでカラーやフォント設定

まずどんなものを作るのか、完成形をごらんください。

(以下画像をクリックすると拡大できます)





これから説明する手順通り作れば同じものが作れます。

あなた好みにカスタマイズしてもらっても構いません。

使いやすくてモチベーションが上がる年間収支表を作ってみてください

家計簿をグラフしませんか?
「手間がかかるのは最初だけ」

グラフ化したい。

細かく家計データを分析したい。

その場合は他に3つの表などを作る必要があります。



グラフ化はしたほうがいいって思ってます。



なぜなら視覚だけで情報が入ってきやすいから。

初期設定はエクセルを使ったことがない人からすると難しい、面倒と感じやすいでしょう。

でも大変なのは最初だけ。

後は全自動。



あなたは完成したグラフを見るだけで家計の大まかな把握ができます。

家計改善したいならグラフ化。

年間収支表をグラフ化する方法はこちらで解説しています。

家計簿のおすすめエクセル
「永続版」

私が使っているエクセルはMicrosoft Excel 2019永続版。

現在はほぼ売られていないので入手しにくいです。



エクセル購入を検討している方におすすめはこちら





・3年以上使う

・エクセルだけ使えればいい

そんな方におすすめです。

永続版なので後からお金がかかりません。




購入前に必ず自身のパソコンで使えるかを確認しましょう。

エクセルの選び方や注意点はこちらを参考にしてください。

年間収支表作成の下準備
「シート、日付、項目、罫線を入力」

では、ここから下の年間収支表を作り方手順を解説します。

作るのはコレでしたね。





エクセル初心者向けに丁寧に進めていきます。

見ただけで作れるって人は読まなくても大丈夫です。



エクセル完全初心者さんにおススメサイトをご紹介しておきます。
➡【エクセルのある生活】(外部サイト)

年月と支払い項目の入力方法

①年月と支出項目を入力

まずはセルの1箇所に年月を手入力してください。

あとは自動で貼り付けてきます。



やり方は次の通り。



「+」マークで左クリックで下まで伸ばす。





クリックをやめると入力が反映される。



これはエクセルの初歩的な使い方なので覚えておくと便利。

  • 入力したセル右下にカーソルを合わすと「+」が出る

  • 「+」のまま左クリック

  • 下に引っ張ると自動で年月が入力される

支出項目は使っているものを入力してください。

固定費、変動費などの大きなカテゴリーはまとめて書いたほうが管理が楽です。

私は左からカテゴリーを次の順でまとめています。

固定費
生活経費
浪費
特別費
会社経費
投資

その他入力項目について

画像を見てそのまま丸移しで入力しましょ。

「月平均支出額」と「✓欄」は好み次第ですからなくても構いません。

  • 「月平均支出額」「✓欄」「収支合計確認」「支出合計確認」は好み次第

  • その他(「項目別合計」や「支出合計」など)は全て必須

罫線を引く

罫線は先に範囲を決定して、メニュー欄から罫線の種類を決定します。



どんな罫線にするかは指定ありません。

やらなくても問題ないですが、見やすいのでやったほうが良いと個人的には思ってます。




線の色も罫線メニューから指定できます。

バケツのアイコンは、その色に背景色を付けれるってものです。





ここまで来たら外観はOK!

次は中身を作ります。

SUMで簡単
「計算式の設定」

エクセルで計算式を入力するのに使うのが「SUM」という関数です。

やってみましょう。



①支出合計にカーソルを合わせる

②エクセルメニューバーの「オートSUM」を選択

③合算する範囲を選択

④Enterキーを押して完了!





画像の「=SUM(B4:B15)」は、

B4のセルからB15のセルまで全て足す

って意味になります。

B4とは「B列の4行目のセル」という意味。



「オートSUM」とは、自動で計算してくれる機能のこと。

足し算「+」引き算「-」掛け算「*」割り算「/」を使用します。

なおオートSUMが使いにくいという方は、手間はかかりますが計算式を手入力しても構いません。



オートSUMは横計算もコピーできます。

「支出合計」に計算式を1つ入力したら次の手順でコピー。

①「支出合計」にカーソルを合わせる

②右下の「.」にマウスを合わせると「+」になる

③右に引っ張って計算式をコピーする





これで全項目の「支出合計額」足し算設定が完了しました。

その他の計算式設定

基本足し算は全部同じ要領でできちゃいます。



ちょっとよくわからない人向けに他の項目も例に挙げてみましょう。

例えば「項目別合計」。



①項目月合計のセルにカーソルを合わせる

②固定費の支出合計をオートSUMで合算



収支合計の計算式は、

「=SUM(収入合計のセルー支出合計のセル)」

入力ミスや計算式ミスの確認
「家計簿と照合」

エクセルは計算ミスはないですが、

・計算式の設定ミス

・入力ミス

が1箇所でもあると計算が狂います。



これを回避するために存在するのが「収支合計」と「収入&支出合計確認」の欄です。

画像で言うと緑色の欄の個所。





「収入合計」=「収入合計ー支出合計」

となってれば計算式設定のミスなし!っていう確認になります。

表を作ったばっかの頃はSUMの設定ミスがよくある。



私は手書き家計簿を見てデータ入力をしていますが、

確認方法は1カ月の家計簿の合計額と、緑欄が同じ金額かで判断しています。





・家計簿の計算ミス

・計算式のミス

であれば相違があるはずです。

金額に差異があれば間違っている箇所を見つけて訂正。

なお、相違なければ「✓」に印をつけるように私はしています。

テンションが上がる年間収支表
「背景色やフォント設定」

ここは自由にやりましょう。

好みのフォントや背景カラーなどで装飾します。



小数点以下など数字の表記がおかしい場合は、

「セルを指定」して「メニューバー」にある「数値」から「通貨表示」を選択してください。

「10,000」のように「,」を付けたい時は

「セルを指定」して「メニューバー」にある「数値」から「桁区切りスタイル」を選択しましょう。



お疲れさまでした。

これで1年分の収支表が完成です。

年間収支表を複製
「エクセルシートをコピーする」

シートの複製方法
  1. 複製したいシートを右クリック

  2. メニューの「移動またはコピー」を選択

  3. 「コピーを作成する」に「✓」して配置先を決めて「OK」

  4. 複製シートの名前を変更する

エクセルの良い所は簡単に複製ができるところです。



シートとは「ワークシート」の略であり、エクセル画面の下のタブのようなもののこと。





では画像で解説します。


①コピーするシートで「右クリック」、「移動またはコピー」を選択





②コピーを作成するに「✔」を入れ、「コピーシートの配置先を指定」した後「OK」





③名前を変更したいシート右クリックして「名前の変更」




私はこんな感じで使ってます。






ここで注意点が1つあります。

  • 年月は書き直すこと

中身はコピーしたままなので年月が異なります。

数分の修正ですからあっという間。

やっておいたほうがいいでしょう。

年間家計収支のすすめ まとめ

まとめ
  • 年間収支表を作ると「把握」「予測」「節約」の3つのメリットがある

  • お金の大まかな流れを知っていれば家計簿をつけずとも貯蓄はできる

  • 支出の把握をするために年間収支表は作ったほうが良いと思う

  • エクセルは初期設定だけ頑張れば後の管理は非常にラク

  • 画像付き解説で年間収支表をエクセルで作ってみてください
ウシ
いかがでしたでしょうか。

月間家計簿はつけていても年間家計簿をつけていないって方は意外と多いと思います。

ぜひチャレンジしてみてください。

わからなかった点があれば補足しますので教えていただけるとありがたいです。

主婦に役立つ情報発信してます

あなたにおすすめ記事