【削減】電気代が高い?だったら電力会社を乗り換えよう

夏、暑すぎません!?

34歳のおばさんが小学生の頃は35度で熱いって言う認識でしたよ。

猛暑で有名な岐阜県出身ですが、エアコンがなくても生活できてました。

もう今は無理ですね!

エアコンがないのは自殺行為です。


神奈川はは岐阜に比べたら天国のような気候ですが、それでも6月下旬からずっとエアコンつけっぱなし。

猫を飼っているし、2階リビングなのでエアコンは欠かせません。


そこで心配になるのが『電気代』。


毎月支払うからこそ、月千円でも節約できれば年間1万2千円にもなります。

そのためにやるべきは『電力会社の乗り換え』。

あなたもCMで耳にしたことがある『電力の自由化』こそ、電気代節約の第一歩なのです。


≪聴くブログ 主婦チャンラジオ≫

電力自由化とは?
消費者が「どこで買う」を選べる当たり前の選択権

電力自由化を普通の買い物に例えると
  • スーパーA店 たまご1パック160円

  • スーパーB店 たまご1パック98円

    どちらも同じ距離にあるスーパー

    どちらも同じたまご

    あなたはどっちを買いますか?

殆どの人が98円のスーパーB店のたまごを選びませんか?



これを電力自由化に置き換えると「キャベツは電気」、「スーパーは電力会社」になります。

『どこの電気を使うか』

そんな当たり前ともいえる消費者の権利を与えられたのが「電力の自由化」です。


「電力の自由化」って聞くと消費者に丸投げされてる気がしますが、実際は「あなたが電気会社を自由に選べる選択権」

わざわざ高い電気代を支払っていませんか?

戸建て・賃貸・マンションのどこでも電力会社の切り替えはできる

基本的に、全国どこでも誰でも新電力会社への切り替えができます。(離島もOK)

ただしマンションのような集合住宅では、建物全体で電気契約をしてる可能性があります。

この場合、数ある部屋の中から自分の部屋だけ電気会社を乗り換えることが非常に難しい。

集合住宅で新電力会社への乗り換えを検討しているなら、契約書の確認や管理組合や大家さんに問い合わせる必要があります。

契約上、新電力会社に乗り換えることができなかった人もいます。



戸建てはそういったしがらみが一切ないので問題ありません。

電気会社乗り換え『エネチェンジ』
5分で電気代簡単シミュレーション

エネチェンジが使いやすい理由
  • 国内最大級の電力比較サイト

  • 電気のみならず、ガスのシミュレーションも可能

  • ランキング形式で見やすい

  • お住いの地域と電気の利用状況で比較

エネチェンジは国内最大級の電力比較サイトであり、かなりメジャーです。

ガスのシミュレーションも可能で、電気とガスのセット割プランの比較もできます。

ランキング形式で見やすく、居住地区と電気の利用状況を元に料金比較

➡【エネチェンジ



手元に『電気の料金明細書』を用意しておくとより正確な比較ができます。

エネチェンジは怪しい?
シミュレーションと乗り換え時に利用したけど営業電話なし

ネットで「エネチェンジ」と検索すると予測で「怪しい」という文字が。

なるほど。調べてみよう。



エネチェンジは大きな会社でした。

会社名ENECHANGE株式会社
事業内容エネルギーマネジメント事業
エネルギーテック事業
所在地東京都千代田区大手町2-6-2日本ビル 3F
設立日2015年4月
役員代表取締役CEO 城口洋平
代表取締役COO 有田 一平
株主情報日立製作所
エプコ
オプトベンチャーズ
みずほキャピタル
昭和シェル石油
住友商事
大和証券グループ本社
東京ガス 
北陸電力
Looop
SK GAS Co. Ltd.
環境エネルギー投資
B Dash Ventures
Spiral Ventures Japan LLP
池田泉州キャピタル
ナントCVCファンド
りそなキャピタル

出典元:エネチェンジ 企業情報




エネチェンジは、消費者と新電力の仲介役です。

電力自由化、ガスの自由化のシステム上、エネチェンジに何かあっても電気やガスは止まることはありません。

また自身も過去に電気料金シミュレーションと乗り換えで利用しましたが、営業の電話が鳴りやまない何てこと一切ありませんでした。

後乗せ料金とかも全くないし、割引もシミュレーション通り。



メディアにも多数掲載されています。

出典元:エネチェンジ

「まだ若い会社であり、広告を目にする回数が多いから怪しいと思われるかも」と予測します。

企業への電力見直し、実績3万件越え。

電気・ガスの切り替え実績は10万件にものぼります。

それでも利用は嫌だという方は、乗り換え先の新電気会社に直接乗り換え申し込みしても大丈夫です。

公式ホームページに「乗り換え申し込み」があるはずですから調べてみてはどうでしょうか。

エネチェンジならではの限定特典

エネチェンジだけに限った話ではありませんが、一括見積りサイトには『限定特典』が存在します。

これは乗り換え先の会社の特典とは別モノ。

つまり「一括見積りサイトの特典」と「乗り換え先のキャンペーン特典」をダブルで受け取ることができます。



中には1万円のギフト券や、年間数千円値引きなどがあります。

特典をお目当てに、電気会社を乗り換えている人がいるのも頷けるのではないでしょうか。



え?私ですか?

特典目的の乗り換えはめんどくさいのでやりません。

「この会社使ってみたいな」と思えば乗り換えていますけど。

河原実業ガスを1年間使って、楽天ガスに乗り換えました。

新電力会社・ガス会社に乗り換え
違約金0円、契約解除料と加入上限なしが良い!

なぜ縛りが少ない方が良いのか
  • フットワークが軽い方がよりお得なプランに乗り換えることが簡単だから

電力会社を乗り換える際には「契約解除料」「加入条件」「自動更新月」の有無を確認することをおすすめします。

なぜなら、縛りがあるとフットワークが鈍るから。

特に特典目当てで電気やガス会社を乗り換えるなら、絶対に気にしなければいけないポイントです。



携帯プランなんかでも「1年」とか「2年」の「縛り」があると、なかなかプラン変更しにくくなりませんか?

それと同じで「思ってたんとちゃう~」とか「新しくできたプランの方が安い!」となれば、すぐに再契約をするために『違約金や解除料0円・契約期間なし』のプランが無難。

ネチネチ契約条件を指定してくるようなところは解約時にめんどくさい。

シンプルな理由です。

自動更新の有無は契約前に必ず確認しておきましょう。

もちろん「自動更新なし」の新電力会社やプランも存在します。



来るもの拒まず、去る者追わずの敷居が低い新電力会社の見分け方は、エネチェンジだとランキングの一覧にわかりやすく記載されているので、気にしていれば見落とすことはありません。

市場連動型プランと契約する場合は要注意!

市場連動型プランとは、市場価格の影響をダイレクトに受けるプランの事です。

2021年1月に電気の市場価格が高騰しました。

その影響で市場連動型プランを利用している消費者は「ひと月の電気代が15万円越えの請求書が届いた」なんてことも。

海外でも似たようなことが起きています。

日本でなぜこのようなことが起こったのかと言うと、寒波とテレワークの増加、さらに電気の原料不足による電力不足が原因です。

市場価格が安定していると安いんですが、需要と供給のバランスが崩れたときのリスクも考えましょう。

➡エネチェンジサイト【市場連動型プランはどれ?市場価格の影響を受ける新電力・電力会社まとめ

全ての電気をシミュレーションできるわけではない

エネチェンジは全国88社の電力会社の情報から比較をしてくれるサイトです。

大手の電力会社はもちろん、地方の電力会社もほぼ比較対象ですが全ての電力会社が比較できるわけではありません。



とは言え、電気会社マニアや1円でも安くするための労力を惜しまない方以外は、一括シミュレーションサイトの利用で十分。

耳や目にしたことがある新電力会社はほぼ入ってますから。

出典元:エネチェンジ

スマホやパソコンから申し込みで電力会社乗り換え完了!

5分程度で申し込みできます。

乗り換えにかかる費用は一切ありません

乗り換え5ステップ
  1. 乗り換え先電力会社を選ぶ

    解約金、違約金が0円のところがおすすめ。


  2. 申し込みをする

    シミュレーションのまま申し込みができます。

    手順道理に契約や支払いに必要な情報を入力。

    検針票に記載されている「お客様番号」や「供給地点特定番号(地点番号)」を手元に用意しておくとスムーズ。


  3. 使用開始日の通知や支払い方法の手続き

    申し込みから1~2週間後にメールや電話で連絡がきます。

    指示通り、支払い方法などを設定します。


  4. スマートメーターへの交換(初回のみ)

    無料で立ち会い不要。

    2回目以降は耐用年数までは交換する必要はありません。

    新築なら既にスマートメーターが設置してあるので交換は不要です。


  5. 切替完了

    供給開始日から自動で電力会社が切り替わります。

    なお、電力の供給が一時的に止まることはありません。

スマートメーター交換を装った詐欺に注意

詐欺にあわないための注意点
  • スマートメーターの取り換え工事費用は0円

  • 交換作業は大手電力会社の作業員が行う

  • 立ち会い不要

代金を請求されたら、支払う前に消費者センターにすぐ相談してください。

費用を請求されたら、それは詐欺です。



スマートメーターの取り換え工事には費用は0円。

立ち会いも不要です。



交換は義務ではありませんが、政府は2020年代に全世帯への導入を目指しているようです。

設置は居住区の10社の大手電力会社が行います。

賃貸でもマンションでも無料で交換してくれます。

従来のメーターは検針作業員が敷地に設置してあるメーターまで行ってました。

スマートメーターにすると、遠隔からでも検針ができるため、敷地内に人を入れなくていいというメリットがあります。

電力自由化に影響を与えた「東日本大震災」

電力自由化が始まった背景
  • 東日本大震災まえには全国を管轄する組織がなく、大手電力会社任せだった

  • 津波により福島第一原発事故発生、火力発電設備も被災

  • 首都圏で大規模な電力不足に陥る

  • この経験から大手電力会社による独占市場をやめる動きとなった

今の20歳以上の方は、当時の首都圏で起こった電力不足を覚えているかもしれません。



その頃私は神奈川県の片田舎に住んでいたにも関わらず、時間帯を限定された停電がありました。

16時頃停電された町は、信号の電気も消え、異様な光景だったのを鮮明に覚えています。

当時はTwitterなどのSNSから計画停電や節電を「ヤシマ作戦」と名付け、一気に広まりました。

ヤシマ作戦とは、90年代に社会現象を巻き起こしたアニメであり、私のバイブルでもある「新世紀エヴァンゲリオン」で描かれた使徒(敵)殲滅作戦です。

まさか現実世界でヤシマ作戦のようなことが起こるとは思いもしませんでしたよ。



首都圏への電力不足が問題化した原因は、全国を管轄する供給調整できる組織がなかったからです。

全て地域の電力会社任せだったところに、いきなりの震災による被害。



この出来事以来エネルギーへの認識が大きく変わりました。

本の電力システム改革の見直しが2013年4月2日に閣議決定。

つまり、誰でも安心安全に電力の安定供給を確保できるようにしよう!となったわけです。

こうして2000年から電力自由化は実施されました。



とは言え、いきなり全部の電力が乗り換えオッケー♪となったわけではありません。

最初は向上やデパート、オフィスビルなどといった特別高圧区分の電力。

次に高圧区分の中小規模の工場や中小ビルへと拡大。

そして2016年4月から私たち一般家庭や商店などの低圧区分の電力も自由化の対象へ。

こうして段階を踏んで、電力自由化は進んでいったのです。

安いだけじゃない!電力の自由化のメリット4選

電力会社乗り換えの4つのメリット
  • どこの、どんなエネルギーを使うのかを消費者が決める

  • 新電力の料金は安い

  • セット割やポイントサービスなどの多様な新サービスの登場

  • 新電力による供給を高めるため、既存電力会社がバックアップしている

エネチェンジでも取り扱っている「ミツウロコでんき」は、クリーンエネルギーを含んだ電力供給をしています。

国内に8か所、太陽光や水力など独自の再生可能エネルギー発電所を所有しています。

地球に優しいエネルギーも選択肢のひとつですよね。

消費者の好みで、電力会社を選ぶ時代になりました。



「安い」もメリットの1つ。

電力乗り換えで我が家がどれくらい節約できているか、試算しました。

これは2018年10月の実際のデータを使っています。

電力会社プラン料金
(382kWh
東京電力従来プラン
ずっとも電気1
10,315円
楽天でんき東京プランS9,932円

※燃料費調整額、再エネ発電促進賦課金、ポイント還元は別
※消費税は10%で統一

ひと月で383円の節約。

年間だと約5,000円程度の節約となっています。

2000年以降電力会社を乗り換えていないっていう世帯は、家計改善できるポテンシャルを秘めています。



サービスを比較するのも、買い物の醍醐味。

Looopでんきは、ガスとのセットプランがあります。

セット契約すると電気料金から2%の割引になります。

楽天でんきでは、支払い料金200円毎に1ポイント還元。

さらに、楽天市場の買い物に対しても0.5倍のポイントが付与されます。



各電力会社がこぞって、オリジナルサービスを展開しています。

新電力に乗り換えると、いきなり停電しない?

いきなり停電する?

しない

いきなり電気の供給が止まることはありません。

バックアップを大手電力会社がしてくれます。

大手電力会社とは、地域電力会社のことです。

東京電力、中部電力、関西電力、四国電力、東北電力、北陸電力、中国電力、九州電力、北海道電力、沖縄電力の10社を差します。


もしも、新電力が十分な電気を調達できなかったとしても、送配電部門の担当会社が不足分を補います。



新電力会社が倒産したとしても同じこと。

事前に他社への乗り換えるよう期間通知が届きます。

例えその期限を過ぎたとしても、新たな供給元が見つかるまでは大手電力会社が補ってくれます。


あ、電気代はちゃんと支払わないと電気は止められますからね!?



電力自由化のより詳しい仕組みは、経済産業省で分かりやすく説明されています。
➡【資源エネルギー庁 電力の小売り全面自由化って何?

新電力は設備投資を削減できるから安い

新電力会社が電気料金が安い理由
  • 初期投資がないから安い

  • 大手電力会社の設備を使っている

新電力会社は元々ある設備を使って、各企業や世帯に電気を送っています。

だから送電線を立てたり、電線を引いたりする費用がかかりません。

初期投資がないからこそ、消費者に安い料金で電気を売ることができています。



現在、大手電力会社はJEPX(卸電力市場)に電気を売って、新電力はJPEXを通して大手電力会社と同じ品質の電気を買っています。

つまり、消費者に送電されている電力は、大手電力会社と同じ品質。

また、電力の値段が高騰を抑制するために先物電力市場が創設されています。



このように、安くて安定供給される仕組みやバックアップがあるので、私たち消費者は安心して電力を乗り換えることができます。



詳しくは外部サイトをご覧ください
➡【JIJI.COM 新しい電力取引の仕組み

10世帯に2世帯は乗り換えで電気代を削減

電力自由化はどうなる?
  • 平成30年9月時点で約20%が自由化している

  • 年々右肩上がりで利用者は増加傾向にある

経済産業省の報告によると、平成30年9月時点で約1,284万件が電力会社の切り替えをしています。

割合でいうと20.5%。

エリアで言うと、都市部を中心に増加傾向にあるそうです。

具体的には中部エリア、東電エリア、関西エリア、中国エリアの順です。



2000年から始まった電力自由化ですが、年々右肩上がりに利用者は増えています。

出典元:経済産業省

電力会社乗り換えのまとめ

電力自由化のまとめポイント
  • 電力自由化は東日本大震災後の首都圏の電力不足の教訓
  • 電力会社の切り替えは消費者にとってメリットが多い

    「どこのどんなエネルギーを使うかが選べる」

    「料金が安い」

    「セット割やポイント還元などの新サービスの登場」


  • 新電力に乗り換えても安定した供給はかわらない

  • 安いのは設備投資がいらないから

  • 電力自由化は年々増加傾向にある


  • 5分のシミュレーションからそのまま契約も可能

  • 電力会社乗り換えは年間数千円が浮く最高の節約術

  • 契約期限や契約解除料の有無は事前に把握しよう


➡【エネチェンジ

ウシ
いかがでしたでしょうか。

電気のみならず、ガスも自由化の時代です。

要領は電気と同じです。


光熱費の節約は家計にとってバカにできませんね。

Twitterでも情報配信中

あなたにおすすめ記事