【乗り潰し】中古車10年分の維持費を計算してみた

車をもっと安く乗れたら、家計が助かるのに。

家計簿の締め日とかに思ったりしませんか?


趣味で車を所有している方。

車社会地域だから仕方なく所有している方。

所有目的は人それぞれ。


ですが、「車」は人生の金食い虫トップ3に君臨しています。

1カ月の維持費で数万円飛ぶこともあるでしょう。



そこで今日は乗り潰し間近の愛車の、維持費を公開します。

失敗談『無駄に支払っていた維持費』もご紹介。

≪聴くブログ 主婦チャンラジオ≫

ディーラーで総額120万円のスバル中古車

を10年前に旦那が買ってきました。

私も旦那も車社会の地方出身なので、車があったほうが便利という価値観でした。

当時の家計管理は、全て旦那。

私がまだパチスロする「クズ主婦」だった頃、

旦那
車買おうと思うんだけど。
ウシ
へー、そうなんだ。

その方が買い物楽になるね。

どうせなら乗り潰すまで乗ろうよ。
旦那
いいよ。

乗り潰せそうなの選んでくるよ。

夫婦の軽いノリで『限界まで乗れる車』を買おうと決定。

「安心」「比較」「安い」中古車販売ルート3選

簡単にまとめておくので、中古車購入元の目安にどうぞ。

車に何を求めるか、どこを妥協するかで購入先は変わります。

購入元メリットデメリット
ディーラー
厳正なメンテナンスと、純正パーツを使っているから高品質の中古車が買える他の販売店に比べると割高
純正パーツを使ったメンテンナンスを受けれる
中古車ショップ
1店舗でたくさんの車を扱っている
価格も手ごろ
ディーラーほどの専門的なメンテナンスは見込めない
車の状態確認はセルフでやる
車専用
ネットフリーマーケット
激安ノークレームノーリターンが多い
買わないと当たりハズレが分からない



私は車についてはずぶの素人ですから、車選びも資金繰りも旦那に丸投げ。

『安心・安全』と『購入後のメンテナンス保証や点検』を考慮して、スバルのディーラーで買いました。


購入して1年以内に不具合が見つかり、全て無料で直してもらったことがあります。

純正パーツを使ってくれるし、スバル車を取り扱うスタッフが修理してくれるので安心です。

激安で安心!ガリバーの個人売買サービス

車専用ネットフリマは、本当に激安で3万円から車が買えます。



あくまで写真やデータでしか判断できません。

「どんな車が来るのかは来てからのお楽しみ」という不安が残ります。



多くのサイトでは返品不可ですが、中古車買取No1のガリバーの個人売買サービスは「90日の保証」と「返品サービス」付きです。


2015年9月から始まったサービスで、決算や車の輸送・書類手続き・名義変更はすべてガリバーが代行します。

取引にはガリバーが代行するので、個人情報を開示しなくても良し。

売買成立後に代行手続きの手薄料は取られますが、『激安+安心』を求めるならいかがですか?


➡【個人売買なのに安心のサービス「あんしん90日保証と返品」

乗り潰す車のスペック紹介

買った当初のスペックはこんな感じ。

 購入当時現在
車種スバル レガシィB4 2.0R
状態10年落ち
走行距離4万キロ 
走行距離17.8万キロ
購入価格120万円
(本体価格100万円・諸費用20万円)
支払い方法2年ローン ボーナス払い有り
環境最寄り駅まで徒歩15分
自転車があれば生活できる
月極駐車場を利用
最寄りの駅まで25分
自転車があれば生活できる
駐車料金0円
用途年1~2回の帰省
月に3~4回の買い物
週末のお出かけ
左に同じ

乗り潰すスバル車の年間平均維持費 69.3万円

記録を取っていない時期があるので、シミュレーションサイトを使います。

➡【自動車ランニングコストをシミュレーションしてみる



10年間の維持費合計額6,925,000円
年間平均維持費692,500円

車は金食い虫でした。

車の維持費内訳を計算してみた

全く同じ車種がなかったので、限りなく近い車種で試算してみました。

※データのある家計簿から平均コストを算出したので、実際にかかった金額に限りなく近いと思います。

タイヤ交換・オイル交換などのメンテナンス費用

【その他維持費】シミュレーションに含まれていないもの一覧

内容費用発生期間単価10年間の費用
購入諸費用1回200,000円200,000円
タイヤ交換ノーマル2年に1回100,000円500,000円
スタッドレス3年に1回100,000円300,000円
オイル交換3年に1回25,000円75,000円
塗装修繕年間10,000円100,000円
ハンドルカバー5年に1回3,000円6,000円
エンジンスターター1回15,000円15,000円
オーディオ設置1回60,000円60,000円
自動車重量税総差額分29,000円29,000円
自動車税総差額分18,000円18,000円
合計金額1,303,000円

馬鹿らしいと感じた車両維持費

節約できたのにしてなかった車両維持費
  • 任意保険を月額12,000円も給料天引きで支払っていた

  • 都市部の月極駐車場代は高い

  • キャッシュ一括払いにしたらよかった

お金の知識がなくて高額な任意保険料を支払っていた

当時、月額12,000円(年額144,000円)を毎月支払ってました。



今思うと、車両保険とか無駄な補償が多かったなって思います。(旦那が会社経由の保険屋で契約)

その時は「仕方ない」とか思い込んでいて、節約対象外でした。



子供が産まれてお金の勉強をしていくと、自分の支払っている自動車保険料を半額以下にできることを知りました。

思い立ったら即行動!

保険会社を乗り換え、年間5万円以下に抑えることができました。

94,000円の節約です。



もっと早くできていたらと、家計簿を見直して気が沈みます。

あれから等級が上がり、今年の保険料は年額38,970円に納まりました。



安い自動車保険会社に乗り換えができるおすすめサイト

➡【保険スクエアbang!/自動車保険

任意保険料を払わないのはリスク大!の解説はこちらの記事を参考にしてください。

月額1万越えが当たり前の駐車場代

地方に住んでいたころは、地方の駅近でも月額5,000円くらい。

私が住んでいたところは月額12,000円。

倍以上です。


その辺一体が似たような金額だったので、車を所有する以上必要な支出ですが、都会で車を持つのは金持ちの娯楽ですね。

都会に行けば行くほど車両維持費は高くなります。

ローン払いで余計な手数料を支払わない

節約の基本だと思います。

同じ商品を買うのに、分割払いにするだけで余計な金利を支払わなくてはいけませんからね。

身の丈にあったものを買うためにも、現金一括払い。


毎月の支払額が安いという目先の益にとらわれがちですが、金利がついている限り数字上は損です。

自動車保険と駐車場代がなければ『年間維持費54.8万円』

仮に自動車保険(任意保険)を4万円以下、駐車場代が0円で試算すると、年間維持費は54.8万円でした。

年間14.5万円も違います。

10年なら1,405,000円の差額。



毎月支払っているお金だからこそ、積み重なると大きな金額になります。

あなたは高額な固定費を支払っていませんか?

固定費節約をする理由は、こちらの記事で解説しています。

10万キロで乗り換えるのは損

どんな車種でも、基本的に乗り潰すほうがお得です。

新車より新古車のほうが価格が安いように、新車だからこそ価値がついています。

ほぼ人が乗っていないとしても、新古車として出回れば、新車と同じような価格にはなりません。



つまり、新車に乗るのは「見栄」や「個人の好み」によります。



金銭的に言えば、絶対減る所にお金を支払っているので「負債」という考え方です。

新車やローンで車を買えば、任意保険に車両保険を付けて保険料が数万円高くなります。



極端に言えば、仕事場まで行ける車でいいなら走れる車で役割は果たせています。

「安全性も必要だろ!?」

確かに安全性も必要ですが、イコール新車には結び付くでしょうか?

軽自動車より普通乗用車を選ぶといった、車種の選択でも安全性を上げることはできます。



維持費は車に乗るなら必須費用だから、故障や事故がない限り大差ありません。

要は『1台に長く乗るのが最強最安!』という結果になると思います。

中古車を10年乗った維持費まとめ

10年愛車に乗って気づいたこと
  • 中古車の購入元はおおまかに3つある

  • 10年間の年間平均維持費は約69万円

  • 自動車保険(任意保険)滅茶苦茶高かった
  • 自動車保険は節約できる
  • 都会の車を所有すると駐車場代が高い

  • 大きな事故や故障がない限り、1台を長く乗り続けるのがお得
ウシ
愛車もそろそろガタがきてまして、次の車検で乗り換えます。

次こそは、車の維持費を更に安く抑えるぞ!オー!!


自動車保険料は、満期日でなくても乗り換えれます。

気づいても諦めず、行動あるのみですよ。

Twitterでも情報配信中

あなたにおすすめ記事