【節約】ガス代が高い!?ならガス会社を乗り換えよう
スポンサーリンク

以前の記事で【電気会社を乗り換えて年間5千円節約しよう!】というお話をしました。

今日はガス会社を乗り換えて節約しよう!というお話をします。


毎月支払うお金だからこそ、安く抑えたい。

固定費の節約は生活の満足度を下げることがない、最強の節約術です。


ガス代の節約は簡単で、ガス会社を乗り換えることでできます。

水風呂に入ったり、ガスの使用時間を時短などをするより効果もありますので、是非お試しあれ。

つまり、『ガスの自由化』をしましょう。

≪聴くブログ 主婦チャンラジオ≫

1クリックでブログの応援できます!

当ブログは多くの人に読んでもらえるよう

にほんブログ村』ランキングに参加しています。

 

このバナーを押すことで当ブログを応援することができます。

にほんブログ村 にほんブログ村へ

1クリック応援をよろしくお願いします。

スポンサーリンク

ガス会社を乗り換えるのはスーパーを選ぶのと同じこと

ガス会社を乗り換えるってすごく難しそうですが、めちゃくちゃ単純な話です。

野菜が安い所で野菜を買う、肉が安いところで肉を買う。

品質が同じなら、当然のことですよね。


だったら、ガスが安い会社で契約する。

これまた当然のこと。


高いガス会社で契約していませんか?

まずはあなたの使っているガスが、適正価格なのかを知りましょう。

そのプロパンガスは高い?「適正価格」

かを調べることができるサイトこそ、【プロパンガス料金消費者協会です。


このサイトでは全国のプロパンガスの『適正価格』を調べられます。

個人情報や登録は不要。

ガスの使用量がわかる検針票だけで、あなたのプロパンガスを診断してくれます。

2分で診断できます。



適正価格とは、プロパンガス料金消費者協会が独自に設定した価格です。

プロパンガスの料金は都市ガスと違って、国の規制が最初からありません。

だからこそ、ガス代の地域差は激しいです。

地域のプロパンガス会社が談合して決めた価格が高ければ、高いガス代を支払い続けなくてはいけません。


プロパンガス料金消費者協会は、NPO法人団体です。

あなたのプロパンガスは適正価格でしたか?


もし、高いガス代を支払っているなら適正価格への交渉をするか、適正価格のガス会社へ乗り換えましょう。


乗り換えは戸建て、マンション、アパート。

どんな住まいでもできます。

ただし、マンションの場合は管理組合でガス会社と契約していることもありますので、事前に確認したほうがいいでしょう。

都市ガスだってガス会社を乗り換えれます

ガスの自由化って聞いたことありませんか?

都市ガスの一般家庭も、2017年4月からガス会社の乗り換えができるようになりました。

なぜ都市ガスでガス会社を乗り換えるのか?

元々都市ガスは東京ガスや大阪ガスなどといった大手ガス会社が供給・販売をする独占市場でした。

ガスの自由化とは、大手ガス会社の設備を使って、新事業者からガスを買うという仕組みです。

出典元:経済産業省 資源エネルギー庁

ガスの品質は都市ガスと同じ。

ガスの安定供給がされるよう、国が制度を定めているので安心して乗り換えてください。


私はガス会社を乗り換えて2年経ちますが、供給がストップしたり、トラブルが起こったことは一度もありません。


よりガスの自由について知りたい方は、経済産業省をご覧ください。

➡【資源エネルギー庁 ガスの小売前面自由化とは

スポンサーリンク

ガス会社を乗り換える消費者のメリット4選

消費者側のメリット
  • 新規参入事業の選択肢が増える

  • 料金が安くなる

  • 新規参入会社によりサービスやプランが豊富

  • ガス管の整備が広がる

消費者側の選択肢が増える

のは良い事です。

例えば自然エネルギーを使った地球環境にエコなガスを使いたいなら、そういうガス会社を選ぶ。

顧客が多い方が安心なら、実績のあるガス会社を選ぶ。

そんな買い物で当たり前な「選択」を、私たちはやっとできるようになりました。

従来の都市ガスは「ガス会社=大手会社」だったので、選択肢は全くありませんでした。

ガス代が安い

都市ガスの独占市場が開放されたことにより、たくさんの新会社が参入してきました。

新事業者間で価格競争が行われ、ガス代は割安になります。


これはガスだけでなく、電力の自由化や格安SIMも同じことが起こっています。

ガス自由化をチャレンジして1年経った結果はこちら。

サービスやプランが増えて消費者は選び放題

例えば電気とガスのセットプランで割引がされたり、一定の使用期間で割引があったりと、独自のプランやサービスが展開されています。

ガス会社、プラン、サービスを「消費者ファースト」で選べるって素晴らしいですね。

都市ガスが利用できる地域が増える…かも?

現在都市ガスが使えるのは一部限られた地域のみで、それ以外はプロパンガスを使っています。

今後ガス市場が活発になり、市場が大きくなればガス管の整備がされ、都市ガスが使える範囲が広がる可能性があると言われています。

事業者側も、設備投資をすると新たな顧客を得ることができるので割と有り得る話かもしれません。

都市ガスが広がれば、プロパンガスとの料金格差がなくなる可能性は大いにあります。

ガス自由化のデメリット2選

消費者サイドのデメリット
  • 都市部のほうがガス代が安くなる

  • ガス料金が値上がりする可能性

都市部はガス代が安くて、地方は高くなる可能性

があります。

要は、価格格差が生まれるということです。

都市部のほうが顧客が多いため、どうしても事業者数や価格競争の激化は都市部のほうがしやすいのです。

都市ガス整備がされていない地方では、従来と同じガス会社(プロパンガス)で契約するしかないといった状況になるでしょう。


先に説明したとおり、せめて高額なガス代を支払わないように、プロパンガスの適正価格であるガス会社と契約しましょう。

ガスの原材料価格によって、ガス料金が値上がり

する可能性があります。

ガスの原材料LNG(液体天然ガス)の価格が高騰すると、ガス代に直結します。

安くもなるし、高くもなる。

輸入に頼る日本では仕方のないデメリットですね。

ガス会社変更費用は一切不要

乗り換えの注意点
  • 契約解除料「なし」のガス会社へ乗り換えよう

  • 契約前にガス器具が、これまで通り使える品質のガスか確認する

既にガス管が通っているので工事はしません。

つまり費用もタダ。

ガスメーターをスマートメーターに交換する費用も、基本的に無料です。

乗り換え先のガス会社が負担します。



ですが、費用が掛かるかもしれない2つの注意点を紹介しておきます。

①現在のガス会社との契約によっては「契約解除料」を支払う可能性があります。

携帯プランと同じで、年契約などで発生します。

とは言えガス会社変更で月額2,000円、年間24,000円も節約できるならすぐに元は取れます。

解除料がもったいないからと言って、高い料金を支払い続ける方が結局は損なのです。


②プロパンガスの場合、ガスの原料によって発熱量が違ってきます。

ガス給湯器などでの調節、ガス器具の取り換えなどを行うことで通常通り使えますが、費用が発生する場合があります。

詳しい話は、契約前にガス会社に直接話し合っておくと安心です。

ガス代を節約するには比較をする

私たち消費者には、ガス会社やプランを選ぶ権利があります。

権利を有効活用しない手はありません。



どうやって比較するのか。

パソコンやスマホがあれば誰でも簡単にできます。

そう、インターネットを使ってシミュレーションをします。


プロパンガスと都市ガスの2種類に分けて比較方法をご紹介。

プロパンガスの価格が適正価格より高い

場合は、適正価格であるガス会社への乗り換えを強くおすすめします

ご紹介するサイトは2つ。

プロパンガス労金消費者協会

1つ目は、プロパンガスの適正価格でも紹介した【プロパンガス料金消費者協会


➡【専用フリーダイヤル 0120-268-967
➡【メールで問い合わせをする

切替はしなくても適正価格の相談や、ガス会社の紹介などもしてくれます。

プロパンガス一括シミュレーションサイト「エネピ」

2つ目は、プロパンガス一括比較サイトです。


➡【プロパンガス料金を比較して、賢く節約しよう!【エネピ】

見積もりを作成してもらえるのが特徴です。

エネピのサービス
  • 切替手続き無料

  • 解約手続き不要 ※一部地域を除く

  • 仲介手数料無料

  • エネピ限定プロパンガス切替特典 「QUOカード10,000円分キャッシュバック」

プロパンガス乗り換え手順は6つですが、やる事は超少ないのでご安心を。

出典元:エネピ

面倒な見積もり作成、乗り換え手続きは全部任せられます。

100,000世帯のガス会社変更実績あり「ガスの窓口」

ガス業界初の返金保証付き。
プロが選ぶから、自身も実績もあるサイト。


➡【プロが選んだ優良ガス会社をご案内【ガス屋の窓口】

安心感が強いのが特徴です。

ガスの窓口の6つの安心
  • 業界最大級100,000世帯の乗り換え実績
  • 東京・名古屋・中部・福岡の拠点体制
  • 料金値上げ監視保証で乗り換えた後もガス会社と交渉
  • 返金保証サービスで乗り換え後も安心
  • アフターサービス全て無料
  • 有資格者多数在籍

特に「永久料金監視保証」で適正料金の約束と、「1年間返金保証」で原油価格高騰や、急激なインフレなどに対してガス業界初の返金保証でずっと安心できますね。

適正価格で契約できたのに、後から値上げされてしまっては元も子もありません。

そこまで監視してくれる料金のアフターケアは嬉しいですね。


また、取り扱っているガス会社は中堅から大手のガス会社のみなので「聞いたことないガス会社なんだけど…?」という不安も払拭できそうです。

提案してくれるプランは、30分以内に駆けつけることができる優良ガス会社のみ。


乗り換え費用も一切無料。

これでガス代が安くなれば万々歳です。

個人的おすすめ関東圏で人気のガス会社

レモンガスの切り替えで得なこと
  • 都市ガス料金が5%安くなる

  • レモンガスに切り替えでガス代最大3,000円割引(2021年2月28日まで)

  • セット割プランでさらにお得

一般契約に比べて5%安い「レモンガス」

料金比較をすると必ずと言っていいほど、お得ランキングの上位に食い込んでくるレモンガス。


➡【ガス業界でも低料金 レモンガス

東京ガスの一般契約に比べ、基準単位料金が5%ほど安いです。

安いガス料金が特徴です。

レモンガスはセット割の種類が豊富です。

セットプラン内容
電力セット割電気とのセットプランで月々101円割引
アクアクララセット割ウォータサーバーとのセットプランで月々最大330円割引
レモンガス光セット割レモンガス光の光回線とのセットプランで月々550円割引
ガス器具購入割引ガス器具購入時にレモンガスチラシ価格より最大10,000円割引
プレミアム割引年間600㎥以上使用世帯に対して、13カ月目のガス料金より1㎥あたり3円割引


プロパンガスの変更実績約300,000世帯の実績もあり、安心感もあります。

ガス会社の変更費用は一切かかりません。


ただし、東京地区等(東京都・神奈川県・埼玉県)のみが供給エリアなのでご注意ください。

ガス代節約のまとめ

まとめ
  • ガスの自由化に基づき、都市ガスもガス会社を選べるようになった

  • プロパンガスは元々自由にガス会社を選べる

  • プロパンガスは高いガス料金を支払っている可能性があるので、適正価格をプロパンガス料金消費者協会で調べる

  • ガス代を節約するにはプランを比較をしましょう

  • 変更費用は一切不要

  • ただし契約内容によっては解除料がかかる恐れあり

  • 新しいガス会社は解除料がない所にする
ウシ
いかがでしたでしょうか。

固定費削減はストレスがない節約方法です。

我慢は続かないけど、1回ガス会社を安い所へ乗り換える。

これなら我慢しなくて済みます。

是非、小さなチャレンジで豊かな家計にしましょう。
当ブログを1クリックで応援しませんか?

最後まで読んでいただき大変うれしいです。

参考になった、良かったよって少しでも感じてもらえたのなら、

応援してもらえると励みになります。

 

当ブログは多くの人に読んでもらえるよう

にほんブログ村』ランキングに参加しています。

 

上位にランクインすると閲覧者が増えます。

このブログを応援しませんか?

ウシのバナーを1クリックするだけで応援できます。

にほんブログ村 にほんブログ村へ

 

 

 

 

 

にほんブログ村サイトに飛ばされますがすぐ閉じてもらって構いません。

1クリック応援よろしくお願いします。

スポンサーリンク

ブログ更新通知とたまに主婦ツイしてます

あなたにおすすめ記事