【初心者向け】ふるさと納税の仕組みをわかりやすく図解解説

ふるさと納税を利用して3年目になりますが、みんな口をそろえてこう言います。



ふるさと納税って何かお得なんでしょ?

でも仕組みが複雑そうで、やるにしてもめんどくさそう。



「よくわからん」「めんどくさい」の2点張りで、私の周りにはふるさと納税を利用している人はいません。



だったら滅茶苦茶わかりやすく、仕組みを教えてやる!!



今日はそんな記事です。

ふるさと納税の仕組みをポイント別に解説と、図解で税金の仕組みを解説しています。

ふるさと納税初心者向けです。

≪ながら作業向け 音声コンテンツ版はこちら≫

誰でもわかるふるさと納税のお約束

ふるさと納税の絶対ルール
  • 実費2,000円かかる

  • 寄附には上限額がある

  • 寄附額を申告して、税金で控除や還元される

実費2,000円を支払うことで、ふるさと納税を利用できます。

参加費用みたいなものです。



「寄付の上限額」と「申告方法」はあとで解説します。

今は「なんか知らないけど、そういうものなんだねー」くらいに覚えておけば大丈夫です。

ふるさと納税とは住んでいる自治体以外に納税する制度

住んでいる自治体に支払う税金を、よその自治体に支払う。

その代わりに「返戻品」といって、特産物などの品をお礼に貰えるのがふるさと納税です。

ウシ
この野菜(返礼品)食べてみたいなぁ。

寄附しよう。
寄附先
うちの市に寄付してくれてありがとうね。

返戻品の野菜送るからね~。
ウシ
やったー!

美味しい野菜、GETだぜ!
それぞれのメリット
  • 寄附する側

    特産物を貰える
    税金をどこに納めるかを選択できる


  • 寄付先の自治体

    特産物を知ってもらえる
    他の自治体からの税収が見込める

デメリットは、あなたが住んでいる自治体の税収が減ることです。

税収が減ることで、公共サービスの質が低下する恐れもあります。

税金を納めている人だけふるさと納税できる

ふるさと納税は、「納税先を自分で選べる」ということがわかりましたね?

つまり、納税者のみがふるさと納税を利用できます。

ふるさと納税を利用できる人
  • 年間の所得が130万円を超えている人

所得がない専業主婦、学生などの無職では全寄附金額は実費となります。

パート勤めでも年収103万円以下とセーブしている場合も全額実費。

生活保護の受給者は、住民税が非課税になったりするのでふるさと納税の恩恵を受けるのは難しいでしょう。

住民税から控除、所得税から還付される

ふるさと納税に関係する税金は、「住民税」と「所得税」です。

これらの税金は、年間所得によって変動します。

高所得者であるほど支払う税金は多くなり、低所得者はその逆。



つまりふるさと納税は、所得が多いほど得になる仕組みになっています。

ふるさと納税寄付金の上限額高性能シミュレーション

ふるさと納税の寄附金額には、上限があります。

上限額は年収・家族構成・その他の控除額などによって変動します。


私のおすすめシミュレーションサイトはこちら。
➡【MMI Group ふるさと納税上限額シミュレーション

シミュレーションも多少の誤差はあります。

上限額目一杯を寄付するのではなく、5,000円ほど余裕を持たせておきましょう。



今年の源泉徴収票、確定申告AまたはBを手元に用意してください。

上限額がハッキリわかるのは12月

さぁ、ここでピンと来た人もいるかもしれません。

寄附上限額を知るには、今年の源泉徴収票必要……ということは、去年の所得でだした上限額で寄附すると痛い目みるかもよ!?ってこと。


急に転職したり、夜勤や残業がなくなると、上限オーバーになります。

寄附上限額を超えた分はすべて自腹。

決して安いではないので、12月になって調整できる程度の余裕を持たせておきましょう。



ふるさと納税の期間は、1月1日から12月31日の1年間です。

翌年になれば寄附金もリセットされます。

だからいつでもふるさと納税の利用が可能です。


ただし初心者が年末のバタつく時期に焦って寄附をすると、自腹分が発生したり、申告が間に合わなかったりするので、遅くても11月中にするのが無難だと思います。

図解でわかりやすい!ふるさと納税による税金の流れ

文章であれこれ言っても難しく感じると思ったので、イラストにしました。

ふるさと納税をしない時と、した時を比較してください。

年収500万円の税金図解

年収500万円のふるさと納税4万円寄附した税金図解

ふるさと納税は減税や節税にならない

上2つの納税額(赤字)を比較すると、実費2,000円分しか違いませんよね?

要は、税金そのものが減るわけではありません。

あくまでも違う自治体に納税しただけです。

家計的には実費2,000円分の支出が増えます。



じゃ、何をもってみんなはお得と言っているのか?と疑問に思いますよね。

ふるさと納税は何がお得なのか?
  • 実費2,000円以上の返戻品が貰えるからお得

返礼品の還元率は3割以下

還元率のいいものや、金券特典などのオプションをつけたりと、各自治体で寄附金の奪い合いが激化したとき、国からの新規性が設けられました。

2019年6月1日から始まった「ふるさと納税新制度」。

これにより、返礼割合3割以下となりました。



以前に比べるとお得感は少なくなりましたが、それでも十分お得な制度なのは変わりありません。



実費2,000円は、いくつの自治体に寄付しようが2,000円ポッキリ1回の支出で済みます。

例えばA自治体に1万円、B自治体に2万円、C自治体に2万円の寄附をしても、実費2,000円です。

寄付先ごとに2,000円を払う必要はありません。



つまり、2,000円以上の価値がある返戻品が貰えればお得!

還元率が2割だとすると、15,000円寄附しただけで1,000円得になります。

いつ?住民税控除は来年分から、還付は確定申告後

今年寄附した分は翌年に控除、還付されます。

ふるさと納税住民税控除の確認方法

翌年6月以降に控除されます。

会社員なら勤め先から配布される『住民税決定通知書』で確認できます。

住民税決定通知書は自治体によって見た目が変わります。

横浜市の場合は、左下概要欄に『寄附金税額控除額は〇〇〇〇円です。』と表記されています。



一目でわかるような記載がなければ自分で計算します。

市区町村民税の「税額控除額⑤」と都道府県民税の「税額控除額⑤」を合計した金額が、寄付金額から調整控除分を差し引いた額と同じなら控除されています。

調整控除分は所得によって変わりますが、市区町村民税と都道府県民税を合わせて2,500円になることが多いです。

ふるさと納税所得税還付の確認方法

指定口座に振り込まれた金額に、住民税控除額を合算します。

その金額が実費2,000円を差し引いた寄附額と同じで確認完了です。

ふるさと納税は確定申告かワンストップ特例制度で申告

ふるさと納税の申告方法
  • 確定申告

  • ワンストップ特例制度

申請方法は2つですが、方法も控除・還付方法が全く違います。

確定申告確定申告時期に税務署に行って申告

住民税控除と所得税還付がある
ワンストップ
特例制度
12月末日まで(自治体によって違いあり)に申請書などを郵送

住民税控除のみ

申請方法によって損することはある?
どちらも同じ金額で還付、控除がされます。

ワンストップ特例制度は住民税控除額 = 確定申告 住民税控除と所得税還付 です。


寄附上限額を守った上でふるさと納税を利用するなら、ワンストップ特例制度のほうが簡単です。

ただし、確定申告をするとワンストップ特例制度は全て無効になりますので注意しましょう。

ワンストップ特例制度の書き方はこちらで紹介しています。

ワンストップ特例制度が使えない4パターン

以下のどれか1つでも該当すると、確定申告での申請となります。



ワンストップ特例制度は『5自治体以内』というルールがあります。

6自治体以上になれば必然的に確定申告。

寄附回数ではなく自治体の数なので、同じ自治体に何度寄附しようが「1」カウントになります。

わかりやすいふるさと納税の仕組み まとめ

今から始めれるふるさと納税
  • ふるさと納税をする前に覚えておこう!3つの絶対ルール

    実費2,000円かかる
    寄附金額には上限がある
    寄付したことを申告する


  • ふるさと納税とは、住んでいる自治体以外に税金を寄附する制度

  • 年間所得が130万円を超えていない人は寄附できない

  • 税金から控除や還付されるため、所得が多ければ多いほどお得になる仕組み

  • 寄附上限額が分かるのは12月に源泉徴収票を貰ってから

  • ふるさと納税に減税や節税効果はない

  • 実費2,000円以上の返戻品が貰えればお得

  • 申告方法は2つ「確定申告」「ワンストップ特例制度」

  • 住民税控除の確認は、住民税決定通知書で行う

  • 所得税還付は、指定口座に振り込まれた金額と住民税で控除された額を足して確認

  • 申告方法のどっちが得や損はほぼない

  • ワンストップ特例制度が利用できない4パターンがある


➡【ポイントで実費2,000円もペイできる!?楽天ふるさと納税

ウシ
いかがでしたでしょうか。

税金の仕組みと、なぜお得なのか?

この2つが分かれば後は実践あるのみ。

試しに1つ寄附をしてみてください。



わたしのおすすめふるさと納税サイトは、楽天市場です。

毎回楽天から寄付しています。

何がいいのかって、ポイント還元!


実費2,000円がペイも簡単にできます。

Twitterでも情報配信中

あなたにおすすめ記事