【ニトリ簡単手作り】4千円ランドセルラックの作り方
スポンサーリンク

子供が1人で寝るようになって嬉しすぎるウシ(@usiwaka125)です。



「4千円でお釣りがくる簡単DIYランドセルラック」。



ってことで、

晴れて新1年生になった息子ですが「ランドセル置き場が欲しい!」だそうで。


ネットや店舗で調べたけど品質を追うと高い。

コストを抑えると安っぽい。

「これだ!!」と言うものが見つからず作ることにしました。



・低コスト

・使い勝手

・オリジナル性

・小学生のうちだけ使えればOK

という方向けの参考記事です。

それでは本題~。

スポンサーリンク

設計図を描く息子
「手作りにこだわり」

手作りにした理由
  • 市販品⇒理想の形状や価格帯が見つからない

  • 子供が自分で作りたがった
息子
ランドセルラックが欲しい

この一言からGW期間中に子供部屋を作ることになったわけですが、

個人的に大賛成!



だって片づけの習慣が身につくじゃん。

部屋の秩序を保つためにも「定位置」は決めておいた方がいい。

習慣化されるならなお良し。

そんな親の思惑もあり息子の要求に二つ返事でOK!



実際ランドセルラック作って数日経過しましたが、

学校から帰ってきてすぐランドセルを片付けてます。



話を戻して、

問題は市販品に欲しいものがないってこと。

店舗。

ネット通販。

色々見て回ったけど理想の価格と形状、品質の商品が……ない。



連日の下見に疲れた息子は家に残っている板材を引っ張り出し「これで作る」と言い出しました。

設計図もあるんかい。

ランドセルを一番上に置くことは確定しているらしい。





じゃ、手作りしよか。

我が家のDIY担当である旦那に相談してニトリのカラーボックスを買いました。

ニトリのカラーボックスで作る
「簡単ランドセルラックの費用」

購入したもの
購入店商品金額

ニトリ
Nカラボ ワイド3段2,990円
A4ファイルスタンド349円
Seriaリメイクシート×2点220円
飾りシール×2点110円
合計6点3,669円

完成品がこちら。



≪Nカラボ ワイド3段の仕様≫

カラーミドルブラウン
ライトブラウン
ホワイトウォッシュ
サイズ幅60.9×奥行29.8×高さ87.8cm
重量約11.3kg
梱包サイズ幅32×奥行9×高さ91cm
使用方法縦置き、横置きOK


ワイドは幅60.9cmなので鍵盤ハーモニカも余裕で入ります。

最上段を下げてランドセル置き場にしているため新一年生にも使いやすい。

ネジ穴を調整するだけで好きな形にカスタマイズOK。

横置き、縦置きどちらも使える。

収納ケースや脚、キャスターなどの付属品を購入すると簡単に取り付け可能。

などなど。



久しぶりにニトリ商品を見たけど進化してました。



次に制作過程や注意点を画像付きでどうぞ。

購入時の注意点
「ネジ固定タイプにしよう」

おすすめポイントは『ネジ固定を選ぶこと』。



ニトリのカラーボックスの組立方法は次の2種類あります。

・Nカラボ(ネジ固定タイプ)
・Nクリックシリーズ(ネジ不要タイプ)



Nクリックは板材をはめ合わせるだけで組立ができます。

が、それゆえに解体が一切できません。



要は「後からカスタイマイズ」や「簡単廃棄」ができないので使いずらさが生じる可能性があります。

ですから私がおすすめなのは従来のネジ固定タイプ。

ニトリ3段カラーボックス
「ランドセルラック作り方」

作り方はカラーボックスの説明書通りに進めれば大丈夫です。



普通のドライバー1本あれば組み立てれますが、

強いて言うなら電動ドリルがあったほうが仕事がはかどるくらい。



①背面にリメイクシートを貼る

子供が選んだものを2点購入して貼りつけました。

使ってるうちに飽きたら張替えて気分転換できます。

100均なのでお財布にも優しい。





②高さを調整

うちの順番は以下の通り。

・ランドセル(横置きor立てて置く)
・教科書(A4サイズ)
・小物
・鍵盤ハーモニカ





下段は掃除ロボットが通過できる高さにしました。

背面に穴開けたら充電スタンドも設置できそうです。





③ネジを固定

組み立て時間はおよそ20分。





電ドリのおかげで組み立て自体は10分かかりませんでした。



本格的にDIYするならやっぱりマキタ





ニトリで買ったA4ファイルスタンド。





教科書やノートが倒れることなく収納ができる♪

しかも奥行きもジャストサイズだから見栄えも良いです。





④デコレーション

息子がやりたがったので100均シールをペタペタ。

背面のリメイクシートやデコレーションは好み次第。

あとはサイドにフックを付けたりしても良いと思います。



作り方は以上、お疲れさまでした。

スポンサーリンク

作って感じたニトリのカラーボックス
「おすすめポイント」

個人的なニトリカラーボックス評価
項目評価
価格
サイズ
デザイン
カラー
品質
組立難易度
カスタマイズ性

ランドセルラックを手作りしてみて感じた個人的な印象をまとめます。

価格

値段だけ見ると他社含めて最安!ってわけではないので★4。

ただし、他の要素を加味して2,990円って考えると★5。

ランドセルラックを普通に買うとなると安くても8千円くらいはすると思います。

そう考えると家計に優しいランドセルラックだ。

サイズ

種類が多いので高評価。

ワイド、スリム、段数。

選択肢が多いので用途に合ったカラーボックスを見つけやすい。

「とりあえずニトリ見に行こう」が正解かも。

デザイン

カラーボックスなんでデザインは普通。

しいて言えば扉付きがあるくらい。

これはニトリに限らずどこの製品でも同じ。

カラーボックスはカラーボックス。

カラー

王道のカラー3色は相変わらずです。

ホワイト、ライトブラウン、ミドルブラウン。



昔と違うと思ったのは「おしゃれ度」。

今回使った商品はホワイトだけど木目が付いてるし、

初めて見たミドルブラウンは素直に洒落てるじゃんって。

おやれなDIYに対応してきたニトリ、やるな。って感じです。

バリエーションは少なくても部屋の雰囲気に合うものが見つけやすいでしょう。

品質

ぐらつきもなく安定。

問題ありません。

品質はお値段通りです。

組立難易度

組立時間は約20分程。

説明書を見なくても慣れてる人は作れます。

昔は板材に番号のシールが貼ってあったんですが、

今は板材に直接インクで番号記載されていました。

剥がす必要がないので手間が省ける。

カスタマイズ性

非常に素晴らしい!!

カラーボックスの可能性の広げ方が無限大です。

「どうしてニトリなの?」って聞かれたら、

「自由自在に作り換えれるから」と答えます。



DIY初心者から玄人まで万人がモノづくりを楽しめる素材。

それがニトリのカラーボックス。

DIYは面倒な方向け
「おすすめ子供家具販売サイト」

手作りはちょっと面倒。

そんな方におすすめサイトを2つご紹介。



インテリア通販サイト【SHIRAI STORE】

おしゃれ・高品質・低価格の3拍子を揃えた家具を取り揃えているのが特徴です。

ランドセルラックは7,000円~15,000円とお手頃価格なので大人気。


家計負担が少ない学童収納はこちら

➡【会員登録で送料無料【SHIRAI STORE】



子供家具ならお任せ【こどもと暮らし】

「ママもこどももうれしいお部屋づくり」をコンセプトに、

とにかくおしゃれな子供家具の選択肢が多いッ!

完全に子供がいる家庭に特化したサイトです。

色んなデザインや素材のランドセルラックがあるのでみるだけでも楽しいです。

またサービスも豊富。

完成品配送、送料無料商品、ラッピングサービス(有料)など。


部屋作りを大事にするママ・パパ必見

➡【子供家具・雑貨のお店「こどもと暮らし」

子供部屋作りについてはこちらの記事でまとめています。

DIYランドセルラック
「まとめ」

まとめ
  • 親子が大満足できるランドセルラックが完成

  • 費用総額3,669円

  • 組立はネジ固定タイプがおすすめ
    解体やカスタマイズがしやすいため

  • オプションが豊富&使い方も自由自在でニトリの進化を実感

  • ニトリカラーボックスDIYのランドセルラックはこんな人向け
    ・使用期間が決まっている
    ・成長ごとに作り替えたい
    ・価格と使い勝手を重視
    ・市販品に欲しいものがない
ウシ
余談ですが駅前ニトリで会計しようとしたら駐車券を失くしてることに気づいて超焦りました。

本当、物失くす天才過ぎる。

結局サービスカウンターに届いてて事なきを得ました。

みなさんも買い物に夢中すぎにはご注意を。

それではまた別の記事でお会いしましょう♪
スポンサーリンク

主婦に役立つ情報発信してます

あなたにおすすめ記事