【年中快適】エンジンスターター取り付けた感想

夏、車に乗るだけで汗だく!

冬、暖房付くまで我慢!!

そんなことありませんか?



エンジンスターターがあると車に乗る前から車内温度の調整ができるのでマジ快適です。

というわけで「エンジンスターター使用歴4年の感想」をシェアします。

車を所有しているほとんどの人がつけた方が良いカーアイテムだと思います。

取り付け費用のことも触れてます。

愛車レガシィBL5の維持費や節約方法についてはこちらで解説しています。

エンジンスターターとは?
「遠隔操作で車のエンジンをかけるアイテム」

メリット
  • 搭乗前に車内温度を適温にできる

エンジンスターターを付ける理由はコレだけで十分。

車乗っている人の多くが「夏の車内のサウナ状態、冬の車内の暖房待ち」は経験があると思います。

もしそれがなかったら……?

超快適!

だからエンジンスターターを付けるんです。



遠い場所からエンジンをかけておくことで車内温度を快適にしておくことが可能になります。

遠隔操作の距離はエンジンスターターによって異なるため購入前に必ずチェックするポイント。

うちの場合は見通し最大3,500m、市街地で最大700mとなっています。

性能のいいやつだと市街地で2kmから5km離れていても遠隔操作できるものもあります。

つまり遠隔操作できる距離は性能と障害物次第で決まります。

パッケージに書かれている数字はあくまで目安と思ったほうがいいでしょう。



何はともあれ「遠く離れた場所から車内温度を調整することができる」のは大きなメリットです。

取り付けたら手放せないエンジンスターター
「育児中でも大活躍」

使ってみた感想
  • 真夏のハンドルで火傷しない

  • 背中に汗をかきやすい乳児や幼児に快適な車内

夏の車のハンドルってある種の凶器だと思うんですよ。

あんなのまともに握れます?

いかに接触面積減らしながら運転しようかとか危険行為してませんか?

火傷でダメージ受けそうなほどのアツアツハンドル。

エンジンスターターがあれば冷房で的にしてやって冷やせますからねッ!

運転手に優しいエンジンスターター。

ちなみにアツアツにならないハンドルカバーとかも市販されていますけどね。

冷たい方がいいじゃない。



そして私が最もエンジンスターターを付けて良かったと思ったのは息子を連れて外出する機械が増えたころです。

うちの子は暑いのが苦手。

肌があまり強い方ではなく、すぐ痒みや汗疹ができる。

すると寝つきや機嫌が悪くなることが0歳のときに度々ありました。



0歳の夏は自宅で過ごすことが多かったけど、1歳ともなるとちょっと足を延ばして公園巡りもするようになるだろう……。

そこで問題なのが夏の車内。

子どもってよく汗をかきますよね?

「もうそろそろ帰ろうか~」からのサウナ状態の車内。

チャイルドシートの金具も熱かったり、チャイルドシートも熱をもってたりで関節らへんに汗疹が。

私の精神が崩壊するぅぅぅ。

こうなるのが目に見えているので1歳の夏を迎える前にエンジンスターターを取り付けました。



不快な車内は大人も子供も関係ありません。

だからこそエンジンスターターをつけようと思ったし、つけてよかったと思っています。

エンジンスターターっていくら?
「うちは1万5千円」

使用している商品と値段
  • 商品 カーメイト TE-W9000 

  • 値段 12,500円(当時消費税8%込み)

この型番のはメーカー生産終了となっています。

かれこれ4年以上使用していますね。

消費税(当時8%)込みで12,500円。

車の知識がない私はもっと高いものだと思ってたんですけど、1度限りの支出だと思えば出してみようという値段に感じました。

あとは配線である「ハーネス」も必要です。

2,600円(当時8%の税込)ですから合計15,100円

ハーネスは車種によって種類が異なるので購入時は注意しましょう。

ネットで調べてみるとエンジンスターターとハーネスがセットで売られていたりします。


エンジンスターターとハーネスには対応車種があります。

愛車にあったものを必ず選びましょう。

メーカー、商品の公式サイトから対応車種を調べるのが確実だと思います。



愛車レガシィBL5対応の最新モデルはこちら



レガシィBL5対応型落ちモデルはこちら




型落ちの方が断然安上がりです。

ただTE-W8000の方が遠隔通信の性能が高く、エコモードや防犯LEDが搭載されたりとバージョンアップしていますね。

性能よりコスパを求める方は型落ちでもアリではないでしょうか。

セットのハーネスはうちの愛車でも使用しています。

エンジンスターターの取り付け方法
「旦那任せ」

事故取り付けで必要なこと
  • 車の説明書の「ヒューズボックス」を見て『電源を取る仕組み』が理解できればできる

  • あとは時間とやる気が必須

素人でもエンジンスターターの取り付けができるのか?

器用さん、車好きであればできるんじゃないかなと思いますが結局のところ個人差があります。



車関係の仕事はやったことがない旦那はネットで色々調べてエンジンスターターを取り付けていました。

彼は車好きで、手先が器用です。

一方不器用で車に興味が全くない私が旦那からおおよその仕組みと取り付け方法のレクチャを受けてみましたが、概要は理解できてもヒューズボックスの写真を見ただけで拒否反応が出ました。

旦那曰く

旦那
ネットで「車種 エンジンスターター取り付け」とかで調べると親切な人が画像付きでまとめてくれてるからそれ見ればいい。

あとは時間とやる気の問題。

とのこと。

自分で取り付けたいならまずは同じ車種の取り付け作業の動画やブログを調べまくってください。

出来そうならチャレンジしてみる。

不可能と判断したら手間賃を払って店舗でやってもらうのが無難です。

オートバックスなど店舗で後付けする値段

当時オートバックスで相談したら取り付け工賃が約8,000円かかると言われました。

持ち込みとなると別途手数料がかかります。

店頭に並ぶエンジンスターターはネットで買ったほうが安いんですが、持ち込み手数料がかかるとなれば悩みどころ。

結局最安で済ませるためにネットでエンジンスターターとハーネスを購入し、旦那が取り付けることに。



相場はあくまで相場です。

店頭での取り付け工賃は店舗によって異なるため電話で問い合わせるのが一番確実。

あとは手間とお金を両天秤にかけてどうするかはあなた次第。

エンジンスターター使用者の感想
「まとめ」

まとめ
  • エンジンスターターを付けると車内環境が快適になる

  • 汗疹ができやすい幼児に役立つカーアイテム

  • うちのエンジンスターター取り付け費用は総額15,100円

  • 4年弱も使えているので耐久性も申し分ない

  • 使用しているのはカーメイトのTE-W9000(メーカー生産終了)

  • 最新モデルの方が性能は良いがコスパ優先ならひとつ型落ちがおすすめ

  • 素人でも取り付けれないことはないが「下調べ・作業時間・やる気」の3つが必要
  • やっぱり工賃はそれなりに高い店舗もあるので電話で問い合わせるのが確実

ウシ
いかがでしたでしょうか。

毎年酷暑だな~と感じます。

そんな時にエンジンスターターがあるとお出かけが少し楽に感じると思います。

フォローしてもらえると筆者が喜びます

あなたにおすすめ記事