【子連れ散策】宮ケ瀬ダムとあいかわ公園

神奈川県内でどこか出かけたいな~。

自然豊かな愛川町方面へ車を走らせた末、到着したのがあいかわ公園。

毎度ながらのノープランで楽しめた場所でした。

というわけで今回は『県立あいかわ公園&宮ケ瀬ダムを家族で散策レポ』です。

≪聴くブログ 主婦チャンラジオ≫

愛川町の隣、親子でピクニックにうってつけの相模湖公園はこちらで紹介しています。

あいかわ公園のマップ
「広大で勾配あり」

率直な感想
  • 老若男女、どんな世代にも楽しめる公園

  • 散策するとかなり体力を使う


引用元:神奈川県立あいかわ公園 パンフレット&マップ(PDF)


県立あいかわ公園は51haもの広大な敷地にあり、宮ケ瀬ダム直下の河岸段丘状に広がる公園です。

つまりメッチャ広くて勾配が激しい!

2~3時間では全部回りきることはできませんでした。



その分駐車場も広くて密を避けやすいとも言えます。

ハイキングや子どもの遊び場、ダム見学などあいかわ公園に訪れる目的は様々。

ペットのお散歩もできます。

ただしリード必須、伸縮リードを伸ばしての利用は禁止されています。

色んな人が訪れる場所ですからやっぱりマナーが大切!

県立あいかわ公園って何がある?
「大きな遊具、遊歩道、ダム」

率直な感想
  • 「来てよかった、また行こう」と思える素敵な公園

  • 新型コロナウィルスの影響で休止施設やサービスあり

ランチは?アスレチックは使える?
「 愛川公園内の遊具や施設 」

私たち一家が訪れたのは9月26日の日曜日。

14時半くらいに到着。

台風が関東へ接近中ということもあり、少し肌寒く感じる曇り空でした。

公園内にはチラホラ人がいるものの活気づいた雰囲気ではありませんでしたね(笑)

それでは園内写真を紹介します。



南駐車場からすぐ目に入ったのは「冒険の森・冒険広場入口」。

この先に本格的なアスレチックなどが設置されています。

残念ながら緊急事態宣言中ということでアスレチックや迷路は使用禁止となっていました。

公式「神奈川県立あいかわ公園ホームページ」によると緊急事態宣言が明けから混雑しないように配慮しながら遊べるようです。

アルコール消毒も完備されていました。

当日の運休施設は公式ホームページにも掲載されていますから事前確認しておくと安心ですね。

本来ならこんな感じで遊べるそうです。

引用元:Tadahiro Yamanakaチャンネル様

あいかわ公園内を散策!
「ベビーカーが荷物になることも!?」

冒険広場から花の森を抜けると「森のわたり橋」。

橋は揺れます。

高所恐怖所の私はこういうの苦手です……。



ズンズン進み「風の丘」へと向かいます。



マジで丘。



写真では分かりにくいかもしれませんが心臓破りの坂並みの勾配があります。

見晴らしがよく、快晴であればもっと気持ちがいいでしょうね。



丘の外周には舗装された遊歩道があります。

ベビーカーや車いすの方は是非そちらを利用してください。





丘から宮ケ瀬ダムが見えます。

風の丘手前広場の脇道から宮ケ瀬ダムへ行くことができます。

行くつもりはなかったけど距離的に行けそうな気がしてノリで行ってみよう♪





ダムに向かう途中にトイレがあります。

オムツ交換台も完備されてます。





ダムに向かう坂道が思いのほか急ッ!!

さすがにベビーカーや車いすで行くのは危険だと思います。

別ルートで宮ケ瀬ダム「水とエネルギー館」の駐車場を利用することをおすすめします。

赤ちゃんを抱いているパパさんもいましたが、雨天では足元が滑りやすく要注意!

ダムに近づくほど坂は急になります。



私はと言うと運動不足だし筋肉痛覚悟。

5歳の息子は走って登っていく……体力モンスターだ。





道中にはご神木が。

合掌。





ヒーヒー言いながらやっとの思いで宮ケ瀬ダムの横までやってきました。

思ったよりでかいな。



首都圏最大級・アレが日本一の観光地
「宮ケ瀬ダム」





宮ケ瀬ダムは昭和44年の計画発表を経て、2000年(平成13年)竣工の重力式コンクリートダムだそうです。

コンクリート使用量は日本一!

200万立方メートル使っているとか。



…全然ピンとこない。

なんせダムに訪れたのはこれが人生で初めてでスケールがでかすぎるのよ。



先ほどの坂を上りきって進むと相模川水系広域ダム管理事務所がありました。

こちらの一階には展望台が設けられ、ゆっくりと景色を堪能できます。




が、しかしコロナの影響で中に入ることはできませんでした。

トイレは宮ケ瀬ダムを渡った先にある水とエネルギー館で利用可能とのこと。

ただし月曜休み。





曇りでも素晴らしい景色です。





って言うか私初めて知ったんですけど、ダムの上って歩いていいんですね!?

最初は関係者のみかと思ってたんですが意外と自由。

この日は貸し切り状態でした。





意気揚々と通路からダムの写真を撮ろうと思ったんですけどあまりの高さに膝が震えて無理でした!!

高所恐怖症には耐えられません。

ダムの上にいること自体怖くてたまらん。

ってことで高所が得意な旦那にバトンタッチ。

スマホを落としたら一巻の終わりやで??



下に見える建物は発電所です。

ダムからの放流水によって水力発電を行っています。



宮ケ瀬ダムは観光客が多く訪れるそうでその数年間100万人以上。

有名なダムだったんですね。

そんな宮ケ瀬ダムには観光客向けの施設がありますが、新型コロナウイルスの感染防止対策のため閉鎖されているところが多かったです。





まずは展望台。

なんとダムの堤体内に設置された高低差120mのエレベーターです。

ダムってエレベーターつけれるんだ、スゲー。

しかも利用料金無料、スゲー。

残念ながら臨時休業。





ダムを渡りきった先には水とエネルギー館が見えます。

“楽しみながら学習する”をコンセプトに建てられました。

ダムや水資源とエネルギーの学習の他、子供が遊んで学べる仕掛けがいっぱいの体験型施設もあるようです。

無料で見学可能。




コロナ感染予防対策として休館となっていました。

ダムカードの配布もしていませんでした。

初のダムカード獲得ならず。残念。

ここで豆知識。

ダムカードって何?

国土交通省と独立行政法人水資源機構の管理するダムでは、ダムのことをより知っていただこうと、平成19年より「ダムカード」を作成し、ダムを訪問した方に配布しています。

カードの大きさや掲載する情報項目などは、全国で統一したものにしており、おもて面はダムの写真、うら面はダムの形式や貯水池の容量・ダムを建設したときの技術、といった基本的な情報からちょっとマニアックな情報までを凝縮して載せています。

カードは、国土交通省と水資源機構の管理するダムのほか、一部の都道府県や発電事業者の管理するダムで作成し、ダムの管理事務所やその周辺施設で配布しています。

引用元:国土交通省 ダムカード

施設利用に関しては公式ホームページでチェックしてください。

➡【公益財団法人宮ケ瀬ダム周辺振興財団 ぐるり宮ケ瀬湖 9/30 緊急事態宣言解除後の施設等の状況について 


宮ケ瀬ダム付近のMap





ダムの下に行ってみたい……という方向けにイングラインがおすすめ。

このケーブルカーに乗れば簡単に行けます。





が、しかしこちらも新型コロナウイルスのため運休中でした。

宮ケ瀬ダムの人気イベント観光放流も現在は中止となっています。

再開したら見たいな~。

ド迫力間違いなしでしょ。





そんなこんなで来た道を帰り、あいかわ公園の散策に戻ります。

下りは子どもが走ってこけないか余計にヒヤヒヤ。

あいかわ公園の夏
「水遊びが楽しそう」

風の丘から「花の斜面」を下りました。

あいかわ公園には、花の斜面に約40種、40,000本のツツジがあり、3月末から5月初旬にかけて、様々な色の花が来園される方々の目を楽しませてくれます。

引用元:神奈川県立あいかわ公園 ツツジ開花情報

ツツジは4月中旬から下旬が見頃を迎える植物です。

オフシーズは少し寂し気ですね。



遊歩道もありますが、最短ルートには階段です。




道中、工芸工房村を発見!!

園内にはいろんな建物があるなぁ。



こちらでは愛川町の伝統工芸「藍染め・紙すき・機織り・陶芸・木竹工」などを体験できます。

有料ですが300円~とお財布にも優しい。

そんな工芸体験も残念ながらコロナの影響で休止中でした。

現在は人数制限を設け感染防止に取り組んでいるようです。

➡【あいかわ公園 工芸工房村

館内見学は無料。

ですが時間的にできず仕舞い。

木や竹を使った工芸品が入口に数多く並んでいました。

これだけでもウキウキします。





工房前には軽食店「愛川山菜園」があります。

ランチや小腹がすいた時にちょうど良さげ。

営業日は土日祝日。

他にもパークセンター売店では土日祝日にお弁当の販売もあるそうですよ。







工芸工房村向いには愛川町強度資料館があります。

300万年前に愛川町にいた古代象のレプリカ化石標本や、古戦場、中津渓谷の植物や里山に生息する動物が展示紹介されています。

愛川の地域学習ができるため小学生の社会勉強の一環にもなりそうですね。

入館無料。

開館時間は午前9時~午後5時までとなっています。



工芸工房村と郷土資料館を出てすぐの場所に小さなアスレチック遊具がありました。

こちらはアルコール消毒が設置され遊べた唯一の遊具。



斜面を下ると「中央広場」へと続きます。

立派な噴水が目を引きますね。

その奥の建物は公園管理事務所です。

公園管理事務所裏には夏限定で水遊びができる「じゃぶじゃぶ池」があります。

※じゃぶじゃぶ池はオムツの外れていないお子さんは利用できません。水遊び用オムツも不可。中央広場の噴水は利用可能。

暑い時期こそ子供と一緒に訪れたい場所ですね。





公園管理事務所前には小さい子供に人気のロードトレイン「愛ちゃん号」。

現在休止中。

緊急事態宣言明けの現在(10/20時点)でも利用できません。







この付近には「こども広場」や「ふれあい広場」があります。

ピクニックや外遊びにうってつけ。

天気がいい日は巨大なトランポリン「ふわふわドーム」で遊べます。

利用時間や年齢制限、人数制限など制約がありますので事前確認しておくと安心です。

あいかわ公園の駐車場は?
「とにかく広い」

あいかわ公園駐車場
  • 南駐車場 大型・中型9第 普通・軽461台

  • 北駐車場 普通283台

  • 平日無料

  • 土日祝日及びGW、夏休み、春休みは有料

園内とダムの一部を見て回っただけで3時間はあっという間。

スタート地点の南駐車場に戻ってきました。



公園で遊ぶ目的なら南駐車場、自然観察輪やハイキング目的なら北駐車場がおすすめ。

駐車場は見ての通り広いです。





あいかわ公園駐車場は時間で閉鎖されます。



≪駐車場について≫

時期利用時間
4月~9月8:30~18:00
10月~3月8:30~17:00

車種料金
普通車500円
大型・中型1,500円
二輪車100円


料金は前払い制度。



自転車は南駐車場の「入口広場」に無料でとめることができます。





なお、無料日は分かりやすく「本日無料」って看板が用意されています。

この日は日曜日だったけどなぜか無料でした。



あいかわ公園からの帰りに出会った馬
「服部牧場」

公園付近施設
  • 服部牧場



公園を出てすぐ、馬に出会いました。

なぜこんなところに馬??



この馬は「服部牧場」のお馬さんです。

放牧中のようで草を食んでます。

運が良ければ北駐車場を利用した際はこんな光景が見えるかもしれません。



そういえば道中に牧場の看板あったな……。


というわけで私たち一家は翌週に服部牧場へ行くことにしました。

そのお話はまた次回。

あいかわ公園散策してみた
「まとめ」

まとめ
  • あいかわ公園は1日遊べる巨大な公園

  • 新型コロナウィルス感染対策のため休止している施設が多かった

  • 散策するだけでもいい運動になる

  • 勾配があるため見晴らしが良い!

  • ベビーカーや車いすでの散策は道を選んだ方が良い

  • コンクリート使用量日本一の観光ダム「宮ケ瀬ダム」がある

  • トイレも完備されていて子連れでも安心だった

  • 夏には水遊びもできる

  • 駐車場は十分広い

  • 付近に牧場がある
ウシ
いかがでしたでしょうか。

ノリでいってみるもんですね!ダムがある公園とか珍しい。

良い公園を見付けちゃった感♪

紅葉や空気が澄んでくるこれからの季節も家族で楽しめる場所。

愛川町、いいところだ。

フォローしてもらえると筆者が喜びます

あなたにおすすめ記事