【家計管理】年払いを全て封筒で積み立てる

年払いしている支出ってありませんか

うちは「自動車税」「車検代」「自動車保険」「固定資産税」「銀行の貸金庫」。

……ほぼ、車の維持費やないか~い。



過去に封筒家計簿を失敗しています。➡『【失敗経験】まとめ買いに不向き袋分け家計簿



余った100均封筒が勿体ない。

そこで年払いを封筒管理することにしました。

口座でもいいんですけど、複数口座を持つのも、バラバラに管理するのは面倒なので「封筒管理」にチャレンジです。



アナログなやり方が好きな人にはお勧めの方法です。

封筒・袋分け積立てで大きな支出に備える

メリット

お金を何に使うか明確になる

計画的にお金が使えるようになる

コツコツ貯金がルーティン化される

昔の私がそうだったんですが、「ボーナスで何とかなる」なんていう曖昧で甘い考えでいると、予想以上の見積額が手元にくると慌てたりしませんか?


封筒積立てをしておけば、心づもりができているので余裕があります。


「何に使うか」も明確なので、悩むこともありません。

ただひたすらコツコツ毎月お金を入れるだけ。

脳死で必要なお金を積み立てることができるので、「いつまでにいくら用意する」なんて考える必要もありません。



さらに、毎月積み立てることで「コツコツ貯める」がルーティン化しました。

積み立て目標額があるため、そこに向かってお金を貯める楽しさも感じることができます。

計画的にお金が使えるのがGOOD!



ただし、封筒からお金を抜いて使ってしまう方は、自宅保管ではなく、貸金庫など別の安全な場所に預けるなどの対策が必要です。

セリア100均カラー封筒 長形4号サイズ 

封筒家計簿が失敗して余った、セリアのカラー封筒です。

カラーバリエーションも豊富。

耐久性も素晴らしく、1枚で2年くらい使えます。

封筒積立てのやり方

封筒積立てのコツ
  • 支払い用途を具体的に分ける

  • 小銭管理が面倒なら千円単位で管理する

給料日、持ち帰った現金を封筒に小分けに入れます。

支払月になれば、中身を支払い口座に入金するだけ。

コツはお金の使い道を『具体的に書くこと』。

例えば「車維持費」ではなく、「車検代」「自動車税」「自動車保険」のように何に使うかを具体的に書きましょう。

目的がハッキリしていれば、毎月の積立て額、支払い後の残金管理が楽になります。



1円単位で積み立てるのは面倒なので、千円単位で切り上げています。

8,300円なら9,000円の積み立てです。

百円単位でやったこともありますが、管理が面倒になるのでやめました。



残ったお金は次回も繰り越すか、一度財布に入れるなどしてリセットするかのどちらか。

私は繰越派です。

積み立てたことが分かるように、封筒に日付と金額を記入。

念のため、家計簿にもメモ書き程度の管理はしています。

封筒積立ての家計簿への計上方法

これは家計簿のルールによって様々です。

我が家は『支払い=支出』とみなしているので、封筒に入れるだけなら家計簿への影響はありません。

実際に封筒から出して、支払った時に記帳します。

一番シンプルな方法です。

封筒積立てのデメリット

デメリット

自宅に現金を置き続けること

もし家事になったら?

もし泥棒が入ったら?

自宅に現金を置いておく限り、心配はぬぐい切れません。


対策は金庫に片づける、銀行の貸金庫に預けるなどでしょうか。

積立て金に手を出さないようなら、口座管理に移行してもいいですよね。

封筒積立て まとめ

封筒・袋分け積立て まとめ
  • お金を使う目的が明確だから、脳死でひたすら毎月積み立てるだけの安心感

  • コツコツ貯金が当たり前になると、散財癖が減る

  • 計画的にお金が使えるようになる

  • やり方は、封筒に支払い用途を具体的に書いて毎月お金をいれるだけ

  • 家計簿上は支出が発生したときに記帳

  • ただし、自宅に大金を置いておく不安はあるので対策が必要
ウシ
いかがでしたでしょうか。

余った封筒をどうにか使おうと始めた「封筒・袋わけ積立て」。

支出目的が明確な分、安心感も大きいです。

口座1つで管理すると、考えることが増えますよね。

脳死でコツコツやるだけで年払いできるので、気になった方はトライしてみてくださいね。

Twitterでも情報配信中

あなたにおすすめ記事